しいたけの余った軸は平野レミ式で調理すれば美味おつまみになる

人気料理愛好家・平野レミさんがテレビで披露した「軸のマジック」なるレシピをご存知でしょうか。

NHK『きょうの料理 キッチン・ド・レミ~20分で晩ごはん~』(2017年10月30日放送)にて紹介されたもの。普段は捨ててしまいがちなしいたけの軸が美味しい一品に早変わりする、予想外の余り物活用レシピらしい。実際に試してみたところ……これは……!

 

しいたけの軸を潰してバター醤油でチンすると…

材料はしいたけの軸(6本前後)、醤油小さじ1、バター10gだけ。しいたけを使ったお料理で余ったものを用意すればOKですね。ちなみに軸の先端の石づき部分は、硬くて食べられそうになかったらカットしておくのがおすすめです。

まず、しいたけの軸をまな板に置き、ボウルの底などを使って上から叩いて、平らに潰します。レミさん流の豪快調理術ですね。叩くと音が響いて気になるようでしたら、ボウルに体重をかけて押し潰すようにしてもOKです。

平らになった軸、醤油、バターをボウルに入れて、ふんわりとラップをしたら、500~600Wのレンジで約1分強チンしましょう。バターが溶けるぐらいが目安ですね。

バター醤油をさっとかき混ぜ、軸とよく和えたら即完成! 潰すことで軸の繊維が柔らかくなり、ずいぶん食べやすくなっています。クニクニシャキシャキとした独特の歯ごたえから、しいたけの旨味がじわじわと染み出して……予想以上に美味しい!

バター醤油が絡むとビシッと旨味が引き立ち、お酒がはかどる味わいです。普段は捨てがちなしいたけの軸ですが、ぜひ再活用して晩酌のお供にしてみてください!