ダイソーの5本100円アルカリ乾電池『DAISO&HW』をガチ検証してみた結果

ダイソーで販売されているアルカリ乾電池『DAISO&HW』はご存じでしょうか。

5本で100円(税別)のダイソー製アルカリ乾電池シリーズのひとつですが、以前に店舗で見かけたときとはデザインが変更になっているようです。果たして中身も変わっているのでしょうか。気になるところなのでガチ検証してみました。

検証者|ハンダマスターかしま

ダイソー|DAISO&HW(単3形)|108円 /5本

皮むきチェック

旧モデルとほぼ同一で変化なし。

放電グラフ

終止電圧0.9Vになるまでの放電グラフ(2回のテスト中、好結果の数値を採用)。2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげ、両端の電圧をデーターロガーで計測した。サンプルデータは「金パナ」「EVOLTA」(パナソニック)のもの。

検証結果まとめ

  • ブランド ダイソー
  • 製造 不明
  • 販売 大創産業
  • 製造国 中国
  • 型番 K-17P-60
  • 価格 108円 / 5本
  • コスパ
    • 1本あたり 21.6円
    • 1Ahあたり 15.7円(平均45.2円)
  • 実測容量 1,380mAh(平均1,450mAh)
  • 60分後電圧 1.08V(平均1.09V)
    ※高電圧を維持できているかをテスト
  • 0.9V終始時間 174分31秒
    ※持続時間をテスト
  • 液漏れ補償 なし
  • 製造年月 2017年12月(期限7年)
    ※平均値は過去検証した各種製品のデータに基づく

他製品との比較(1Ahあたりの単価)

おすすめ度 ★★★☆☆

ダイソーの『DAISO&HW』は “買っても問題はなさそう” なアルカリ乾電池だろう。性能面は値段に対し不足なく、コスパの良さは申し分ない。

実測容量は 1,380mAh(平均1,450mAh)、1Ahあたりの容量コスパは 15.7円(平均45.2円)、60分後電圧は 1.08V(平均1.09V)。コンビニで販売されているアルカリ乾電池の中には同程度のものもある。コスパ面を特に重視するなら、ダイソーで本品を選ぶのは間違った選択ではないだろう(ダイソー製品では「ALKALINE new」も良好)。

『DAISO&HW』の新旧モデルを比較すると、旧モデル(写真内右、実測容量1,226mAh)より10%ほど性能が改善されていた。それが調達先(メーカー)が変わったせいなのか、デザインが変わっただけでたまたま当たり個体を引いたせいなのかはわからない(室温などのテスト環境によって結果に差が生じることもある)。見方によっては、ダイソー製アルカリ乾電池の品質の不安定さを物語るような検証結果とは言えるかもしれない。

*    *    *

本検証では液漏れなどの耐久性能はテストしていない。液漏れリスクは保管状態・環境によって変わるが、日本製のほうが安心という意見もある。液漏れ対策としては、未使用品なら適温(10〜25℃)で換気のよい場所に保管(高温多湿は避ける)、使用品なら長期間使用しない機器からは取り外して過放電を防ぐなどの注意が必要だ。

※本企画における検証方法、結果の評価は編集部独自の基準によるものです。検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、商品購入前のひとつの検討材料としていただければと思います。また分解等の検証は専門知識を持つ者が行なっております。真似しないようご注意ください。