コンビニ定番「鶏のからあげ弁当」をセブン・ローソン・ファミマで食べ比べてみた結果

手軽でおいしいコンビニ弁当。なかでも、ガッツリ食べたい気分の時は唐揚げ弁当が鉄板ですよね。味よりはボリューム優先って方も多そうですが、どのコンビニで買う唐揚げ弁当が一番ウマいのか、ちょっと気になったりしませんか?

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの唐揚げ弁当を食べ比べ。編集部で会議して、ベスト唐揚げ弁当を選出してみました。お弁当の購入時に参考にしていただければ幸いです!

 

 

ファミリーマート|若鶏のジューシー唐揚弁当|460円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

付け合わせはポテサラオンリーで、唐揚げは最多の5個入り! 1個ずつは若干小ぶりですが、ご飯のボリュームも一番多く、ド直球に満腹感重視で買うならファミマですね。唐揚げは最もジャンクフード寄りというか、だしの甘みと醤油を立たせた分かりやすい味付けでしょうか。

スタッフA

薄い衣はフニャッと柔らかく、ジューシー感は控えめで、肉質は若干ボソッとしてるかも。ご飯と一緒にガツガツ咀嚼する分には全然気にならないけど、唐揚げ単体のクオリティで見ると他社より少し落ちる印象です。決して不味くはないけど、良くも悪くも普通のコンビニ弁当という感じかな?

ローソン|これが からあげ弁当|450円

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

定番商品刷新をコンセプトに、ローソンが去年末からレギュラー販売を開始した「これが」シリーズのお弁当のひとつ。ちょっと変わった商品名のことはさておき、唐揚げは4個入り、副菜は玉子焼きときんぴらで、ご飯は唐揚げとほぼ1:1の比率のボリュームです。唐揚げはニンニク醤油が優しく効いた、スパイシーだけど品が良い個性的な味付けですね。

スタッフA

竜田揚げに近い厚めの衣で小麦粉の風味に主張があり、そのぶん味付けが薄く感じてご飯が進む度は低いかも。ただ、もっちりカリッとした衣の食感、繊維のほどけ具合やジューシーさ、加えてお米自体のふっくら食感と自然な風味はバッチリ。全体的なクオリティとバランスに秀でたお弁当ではないかと!

セブン-イレブン|若鶏の香味にんにく唐揚弁当|450円

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

2018年3月現在販売中のセブンの唐揚げ弁当は、赤しそふりかけ、きんぴらごぼう、厚焼き玉子、漬物を添えた彩り豊かな一品です。唐揚げは3個入りですが、最もサイズがデカいのに加えて、薄めの皮にみっちり詰まった密度感がある肉の食べ応えが断トツ! 味付けはニンニクのパンチで攻める、おつまみ系の濃厚さですね。

スタッフA

プリッとした食感でジューシーさも十分だけど、ニンニク醤油の濃厚さにご飯の量が追いつかない! お米の食感も他社に比べてベタッとして、お弁当全体のバランスはイマイチかも。スパイス感もガッツリ強めで、唐揚げの濃厚さなら一番なのですが……。

結論:バランス選手のローソンが完成度高し!

スタッフA

編集部でアンケートを取った結果、ローソン『これが からあげ弁当』が最も支持を集めました。唐揚げの美味しさだけならセブンが一番派手な味・食感でしたが、お米の美味しさや量といったバランスまで含めると、ローソンの完成度が光ります。満腹感重視ならファミマ、唐揚げ重視ならセブン、バランス重視ならローソンを選べばOKかと思います!