日清食品の下から目線プロモ「黒歴史トリオ」のデザインロジックとは?

あのWebサイトにはどんな狙いがある?

Webサイトを通じた広報活動において、高い宣伝効果を生み出すには、コンセプトとデザインを的確に結び付けて、情報が整理されたコンテンツを提供する必要があります。効果を上げている Webサイトはロジカルな思考にもとづいて制作されているんです。

そんな Webデザインのロジック(狙いと解決策)について、実例をもとにご紹介したいと思います。

第3回は、日清食品「黒歴史トリオ」。はっちゃけたPR手法を使い、SNSなどで大きな話題を呼ぶ事例が増えていますね。日清食品はとくにその手法に長けたイメージがあります。今回は、“売れなかった商品” の再発売にあたって仕掛けたプロモーションサイトを見ていきましょう。

 

今回のケーススタディ|日清食品「黒歴史トリオ」

  • Webサイト(外部リンク)
  • ターゲットの設定|20 ~ 30代男女。SNSやネットニュースなどWebサイトでの話題に敏感なユーザー
  • 制作|代理店:電通/デザイン会社:アドブレーン、RYDEN Inc. / CD+CW+W:谷 菜々子、水本晋平(電通)/ AD:齋藤俊一郎(アドブレーン)、岡野真也(RYDEN Inc.)/ D:石橋春子(RYDEN Inc.)/ P:久野サトシ(CLIVER inc.)/ TD:兵庫達人(RYDEN Inc.) / TE:沖 良矢(世路庵)/ AE:蕪木真哉、藤田啓介(電通)

日清食品が過去に発売したものの、思うように売れなかった「カップヌードル サマーヌードル」「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」「日清焼そば熱帯U.F.O.」の3商品。これらを「黒歴史トリオ」と名付けました。

発売当時にはどんな狙い・思いで作られたのか、どんな味がするのかなど、商品の背景を知ってもらい、そこから好きになってもらえるように、自虐の要素を詰め込んだWebサイトを制作。

下から目線のステートメントや、商品発売時のリリースに自らツッコミを入れるコンテンツなど、読み応え十分。自虐の中にも商品への熱意や愛情が伝わることを目指しています。

サイトデザインに対する考え方

Webサイトのねらい

売れなかった商品を自虐要素を込めてアピール

解決策

解決策となる キーコンセプト と デザインコンセプト は?

  • ① 黒歴史的なイメージを強調する
    文字どおり「黒」をキーカラーにする
  • ② ブランド復活の必死さを伝える
    汚しの表現や乱暴なレイアウトで黒歴史感を表現
  • ③ 愛のあるディスりを取り入れる
    キービジュアル背景に自虐的な大量の文字を配置
  • ④ 事件感・しくじり感を出す
    フォントには新聞明朝を用いて事件感を演出

公開サイト例

黒歴史をテーマとして、新聞見出しような文字列で事件感・しくじり感を演出。全体的に自虐的な雰囲気・コンテンツを取り入れて、これまでにない商品アピールにつなげています。

黒歴史として取り上げた3商品の概要を紹介。黒歴史らしく、恥ずかしい過去を明かすような自虐的な書きぶりが印象的。普通の商品紹介よりも面白がりながら読むことができます。

3商品の開発担当者にインタビューを行い、黒歴史をテーマとした思わず笑ってしまうエピソードを公開。開発担当者の顔にわざと黒い目線を入れるなどして、やらかしてしまった感を演出しています。

黒歴史をテーマとしたオリジナルイラストを公開。チャットやSNSで使いやすいイラストにすることで、拡散しやすくしています。

あの有名なWebサイトのロジック事例を集めました!

Webサイトをロジカルに分析すれば、デザインや構成のセンスは自然と身に付く!

本書は、デザインとその論理的なアプローチ方法をテーマに掲げた、これまでにないデザイン見本帳です。また、「Webデザインの見本帳」であると同時に「Webサイトの企画・コンセプト実例集」でもあります。

何気なく閲覧しているWebサイトのねらい、コンセプト、プランの立て方を制作側から聞き取り、クリエイターやクライアントのイメージするところをロジカルに紹介しています。

クリエイターはもちろん、専門職でないクライアント側の人にとっても参考になる内容です。イメージの具体化、企画の立案、プレゼンの資料制作などで悩んだ際のヒントとしてどうぞ。