コンビニ「カツ丼」をセブン・ローソン・ファミマで食べ比べてみた結果

手軽にお腹を満たしたい時の定番メニュー、カツ丼。牛丼チェーン店などではもちろん、コンビニ弁当にも欠かさずラインナップされていますが、どこで買うと一番美味しいのか気になったことってありませんか?

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのカツ丼弁当を食べ比べ。編集部で会議して、ベストカツ丼を選出してみました。お弁当の購入時に参考にしていただければ幸いです!

 

ファミリーマート|だし香る!ロースかつ丼|550円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

北海道産昆布と焼津産鰹節を使用したという一品で、確かに全体に出汁の香りをふんわり立たせた自然な風味が好印象です。味付け自体はオーソドックスかつさっぱり系で、カツは他社に比べると歯切れの良い食感、若干お肉が薄めの印象でしょうか。

スタッフA

お米は柔らかく、割下も他社に比べて少なめですが、優しい出汁の旨味でさらっと軽やかにいただける美味しさですね。ただ、セブン・ローソンが税込498円なので、コスパ的にはもう一歩。お出汁へのこだわり以外は全体的に平均点のカツ丼といった趣ですね。ちなみにカロリーは733kcal。

ローソン|ロースかつ丼(ご飯小盛り)|498円

おすすめ度 ★★★★☆

スタッフB

ローソンは三つ葉が乗り、七味も別添えで付いてきます。割下多めで比較的つゆだく寄り。ふんわり感の際立つ卵とじは醤油と甘味を素直に効かせ、濃厚感と出汁の良い香りが両立した美味しさです。商品名に「ご飯小盛り」とある通り、ほんのりご飯は少なめですが、お肉の厚みがあるので満腹感はそこまで落ちない印象でした。

スタッフA

ロースカツはむっちり柔らかな食感で、卵とじのふんわり感と合わせてなめらかな口当たりが特徴的。ボリュームはやや控えめですが、衣のこうばしさと薬味の華やかさもあって、食感の良さと風味の豊かさでは一番ではないかと思います! ちなみにカロリーは550kcal。

セブン-イレブン|特製ロースかつ丼|498円

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

鉄鍋で1食ずつ高温短時間に調理したという一杯です。一言でいうと、牛丼チェーン店で食べるカツ丼に近い感じ! あえて言えばなか卯っぽいです。ロースカツの肉厚感と卵とじのボリュームは断トツではないかと。

スタッフA

卵とじはトロトロで玉ねぎの存在感も強く、割下の量もバッチリです。お米もふっくら粒立ちが良く、お肉のジューシーさと味付けの濃厚さも文句ナシ。衣のふんわり感も際立ってる気がします。さすがのセブンと言うべきか、これといった欠点の見当たらない完成度の高い一品でした! ちなみにカロリーは711kcalです。

結論:満腹度ならセブン、上品度ならローソンがいい感じ

スタッフA

編集部でアンケートを取った結果、お米とお肉のクオリティがシンプルに際立つセブン『特製ロースかつ丼』が最も支持を集めました。お味のレベルはローソンも甲乙付けがたく、ボリューム重視ならセブン、上品な味わい重視ならローソンを選べば間違いなしかと思います!