セブンの『ホットビスケット』はチーズ&チョコの雑アレンジもおいしい

セブン-イレブンの『ホットビスケット』は地味だけど優良おやつ。レンチンで手軽にふっかり食感のホットビスケットが堪能できるんですが、アレンジの余地がやたらとある点もポイントな感じです。mitok編集部で実践している、チーズとチョコの雑アレンジでもけっこうおいしいんですよね〜。

 

セブン『ホットビスケット』を雑アレンジで食べる

セブンの『ホットビスケット』(税込300円)はレンチンして蜜をかけて……って食べ方が基本であり、それで十分だったのですが、最近は雑アレンジで食べるのにハマッてます。2個入りなので、ひとつはチーズ、もうひとつはチョコアレンジで。詳細は以下のとおりであります。

【ひとつ】チーズのせ+シロップ2袋

塩気・旨みが強めのハードチーズを厚めにスライスしてホットビスケットにのせ、適度にレンチン(600Wで60秒ほど)。ホットビスケットを覆うようにチーズが溶けたら、添付のシロップを2袋ともかけます。これで完成。固まるのが早いので、ナイフ&フォークでどうぞ。ホットビスケットの香ばしさ、チーズの塩気、シロップの甘み……合うんですよねぇ。

チーズに関しては、だいたいパルミジャーノ・レッジャーノを使っています。某ガレージセールで安く仕入れているので、わりと贅沢に使える次第。グラナ・パダーノやセミハード寄りのラクレットあたりでも合うかと。ペコリーノ・ロマーノくらいの塩気だと強すぎるかもしれません。

【もうひとつ】板チョコのせ

まんまですね。板チョコをホットビスケットにのせてレンチン。チョコがホットビスケット表面に貼り付くようにとろけたら、冷蔵庫で冷やして固めます。チーズアレンジを楽しんだあと、冷え固まった頃にチョコアレンジをまるかぶりです。

*    *    *

『ホットビスケット』はアレンジ許容度が大きいので、いろいろ試してみてください!