コストコ『bibigo 水餃子』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック

コストコで販売されている『bibigo 水餃子』はご存知でしょうか。

ミニサイズの水餃子が1袋に90個ほど入っている冷凍食品で、熱湯で3分茹でれば食べられます。小さいながらもその味わいは本格的で、ご飯が止まらなくなるおいしさ! スープや鍋に入れてもいい仕事をしてくれる、お役立ち食材ですよ~。

CJ|bibigo 水餃子|958円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコの冷凍食品コーナーで販売されている『bibigo(ビビゴ) 水餃子』。800g入って、お値段は958円(税込)。一口サイズの小さな水餃子(9g程度)がたっぷり入っていまして、今回購入したものは数えてみると91個でした。

調理はごくごく簡単。鍋にお湯を沸騰させ、水餃子を凍ったまま入れて約3分間茹でるだけ。さらにもちっとさせたい場合は、茹で上がった水餃子を冷たい水でキュッと締めましょう。

小さくても中身は本格的。香りがけっこう鮮烈で、ニラやにんにくがその存在をしっかりと主張してきます。ちなみに、タネは豚肉と野菜、さらに豆腐を練り合わせたものです。

シンプルに、酢醤油につけてツルッといただくのがおいしい! 前述のように、小さくても香りと味は本格的なので、ご飯が進みまくります! 超便利な時短おかずですよ~。

スープなどに加えるアレンジもいいですね! こちらはトマトの中華風スープにトッピングしましたが、食べごたえと腹持ちのよさを追加してくれて、満足度高し。というわけで本品は、おいしさと便利さが両立した、非常にお役立ちの食材と言えそうです!

商品情報

  • 内容量|800g(91個前後)
  • カロリー|100g(11個程度)あたり191kcal(炭水化物 18.5g)
  • 保存方法|冷凍保存(-18℃以下)
  • 原産国|韓国
  • 輸入者|シージェイジャパン
  • 原材料|野菜(キャベツ、ねぎ、はくさい、にら、にんにく)、豚肉、ラード、豆腐、粒状大豆たん白、ごま油、しょうゆ、砂糖、食塩、シーズニング、牛肉だしの素、酵母エキス、生姜粉、こしょう、皮(小麦粉、小麦グルテン、食塩、大豆油)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉・牛肉・ごまを含む)