ダイソーの “自立する水切りゴミ袋” が三角コーナーいらずで便利かも

100円ショップのダイソーで販売されている『水切りゴミ袋』はご存じでしょうか。

流し台(シンク)の三角コーナーがわりになる、使い捨てのゴミ袋です。耐水性があり、自立するやつ。こういうのが欲しかったというか、見れば「あ〜、なんか便利そう」的な? 気になる方はチェックしてみてください!

三角コーナーが不要になるダイソー製水切りゴミ袋

ダイソーでは数種類の「水切りゴミ袋」が販売されています。12〜15枚ほどがセットになった108円(税込)。耐水性のある紙製やポリエチレン製で、基本的に使い捨てタイプ。自立型なので、シンクにそのまま置いて使います。↓こんな感じです。

こちらが耐水性の紙製水切りゴミ袋。最初は折り畳められているので、広げて置くだけ。底に小さな穴が空いておりまして、生ゴミなどを放り込んでおけば、勝手に水分は抜けていきます。ちなみに、ステンレスフィルターで淹れた中細挽きのコーヒー粉を放り込んだら、粉が底から……(それは予想できるでしょ!)。

適当なタイミングで袋ごと捨てればOK。三角コーナー+ネットという組み合わせが不要になりますね。

ポリエチレンタイプの水切りゴミ袋もこのように自立。口が広いので、ゴミを放り込みやすい。使い勝手ではこのポリタイプのほうがいいかな。ただ、わりとシンクを滑っちゃうこともあり、置き方にはひと工夫欲しい気も。

*    *    *

シンクに三角コーナーを置くのは当たり前と思っていた方、ダイソー製「水切りゴミ袋」という選択肢があることも覚えておくとよいかも。シンク以外でも、小さなゴミ箱として重宝するシーンもありそうです。