コンビニ「ねぎ塩豚カルビ弁当」をセブン・ファミマ・ローソンで食べ比べてみた結果

コンビニのお弁当、どのメニューがお好みですか? 唐揚げ弁当やカツ丼などの定番系に飽きた時は、豚カルビ弁当なんかをチョイスするとちょうどいいですよね。コンビニ各社でオリジナルの豚カルビ弁当が販売されていますが、あれってどのコンビニで買うのが一番美味しいんでしょうか。

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの豚カルビ弁当を食べ比べ。味やコスパなどを見て、ベストの豚カルビ弁当を選出してみました!

セブン-イレブン|三元豚のねぎ塩豚カルビ弁当(麦飯)|398円

おすすめ度 ★★★★☆

各社の豚カルビ弁当はいずれも麦飯を使用しているのですが、とくにセブンは丸麦を使用したもっちりプチプチっとした食感が特徴的。三元豚のカルビは脂身のとろりと柔らかな口当たりが際立ち、薄切りながらしっかりジューシーなのが嬉しい感じですね。

塩ダレは焼肉たれ風の甘酸っぱさをレモン汁っぽい爽やかさで引き締めたさっぱり濃厚テイスト。黒胡椒のスパイス感もビシッと立っていて、他社と比較してとくに酸味が強い味付けですね。各要素がそつなくまとまった、安定のセブンクオリティ弁当ではないかと! ちなみに熱量は634kcalです。

ローソン|ねぎ塩豚カルビ弁当 ~氷温®熟成豚肉使用~|399円

おすすめ度 ★★★★★

ローソンは2種類のネギの香りを強調し、セブンよりもさっぱりとした風味の後味が印象的。それ以上に特徴的なのは、3社中ダントツで豚カルビが肉厚なところでしょうか。薄切りの柔らかな口当たりを押し出したセブン・ファミマに比べて、若干硬くも明らかにしっかり歯ごたえのある豚肉なんです。

ご飯は麦飯っぽさにこだわるよりは、ふっくらとした粒立ちの良さでボリュームをストレートに感じさせるバランス。塩ダレはオーソドックスながら十分に濃厚で、全体として食べごたえを求めるなら最もおすすめできる一品でした! ちなみに熱量は497kcalです。

ファミリーマート|炙り豚 三元豚のねぎ塩カルビ重(麦飯)|398円

おすすめ度 ★★★★☆

個体差もありそうですが、ファミマは他社に比べてお肉のスライスが若干細かめでしょうか。とはいえ、ご飯含めた全体のボリュームやコストパフォーマンス的にはそこまで変わらない印象です。特徴は三元豚カルビのふんわり柔らかな口当たり。お肉のふんわり感を求めるならセブン以上にアリかと思います。

加えてお肉は直火焼きのようなこうばしさが最も引き立っており、塩味がピリッと強めのタレが絡むとけっこう元気な味わいです。麦飯のもちもち感はセブンのほうが上ですが、自然な風味の良さは十二分。ファミマも甲乙つけがたいクオリティのお弁当でした! ちなみに熱量は510kcalです。

結論:がっつり食べたいならローソンがおすすめ!

編集部でアンケートを取ったところ、1位はローソン『ねぎ塩豚カルビ弁当』に決定! 肉厚な豚カルビの濃厚さが際立つ、一番のがっつり系として人気を集めました。価格と総合的なクオリティはほぼ横並びですので、麦飯のもちもち食感が好きならセブン、柔らか系のお肉が好きならファミマをチョイスすればOKかと思います!