コンビニ「チャーハン弁当」をセブン・ファミマ・ローソンで食べ比べてみた結果

コンビニのお弁当、どのメニューがお好みですか? 中華好きならなんといってもチャーハンが鉄板ですよね。チャーハンなら冷凍食品でもラインナップされてますが、お弁当だとチャーシューなどの具材も充実してますし、コンビニによってわりと個性が分かれていたりもするんです。

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのチャーハン弁当を食べ比べ。味やコスパを比較して、ベストのチャーハン弁当を選出してみました!

セブン-イレブン|THEセブンチャーハン|398円

おすすめ度 ★★★★☆

高温短時間で炒めたというセブンの炒飯はパラッとした食感で、魚介の旨味にXO醤を加えたバランスの良い味わい。全体にピリッと生姜の香りが効いた爽やかさが特徴的ですが、ローソン・ファミマに比べると王道中華感を意識した手堅い美味しさですね。チャーシューの満足度はまあまあですが、完成度高めで誰にでもオススメできる一品です! ちなみに熱量は614kcal。

ローソン|肉あんかけ炒飯|498円

おすすめ度 ★★★★☆

2018年5月現在、店内キッチン「まちかど厨房」のあるローソン店舗では『鶏からチャーハン』『桜えびチャーハン』なども販売されていますが、普通のお弁当コーナーで広く販売されているのは、肉あんかけ入りのちょっと豪華な本品です。炒飯はあっさり仕上げで、パラパラではなくモチモチ系。豚こま・ミンチのあんかけは肉の旨味と醤油とだし感で、優しく濃厚な和風テイストになっております。満腹度高めかつ個性的な味わいがハマるので、普通の炒飯じゃ物足りない時にぜひ! ちなみに熱量は721kcalです。

ファミリーマート|コク旨!チャーシュー炒飯|398円

おすすめ度 ★★★★★

ファミマはラード感が強いこってりした口当たり。醤油だれの旨味にネギ炒めと黒胡椒の風味を足したスパイシーな味わいで、3社の中でもダントツでガツンと濃厚な仕上がりです。やや甘味が強い味付けで、全体のバランスではセブンに軍配が上がりますが、男メシ的な食べごたえとパンチの強さでファミマのほうが好みな人も多そう。チャーシューががっつり肉厚なのも嬉しいです! ちなみに熱量は754kcal。

結論:ファミマの炒飯が旨味濃厚すぎた!

編集部でアンケートを取ったところ、ファミマ『コク旨! チャーシュー炒飯』がベストに決定! ローソンは和風仕上げの個性派でたま~に食べたくなる感じ、セブンは上品で普通に美味しいけどちょっと没個性気味かも、といったところにファミマの強烈な濃厚テイストが来て、編集部員の人気を集めました。全体のクオリティとコスパ的にはほぼ均衡していますが、ガツンと満足ランチを食べたいときはファミマの炒飯をおすすめいたします!