コンビニ冷凍食品「ちょいリッチ系チャーハン」をセブン・ファミマ・ローソンで食べ比べてみた結果

コンビニの冷凍食品でよく買うメニューはなんでしょうか。晩ごはんをラクしたい時なんかは、冷凍ご飯単品でサッとお腹を満たすのもアリですよね。なかでも冷凍チャーハンはコンビニ各社で種類豊富ですが、あれってお味やコスパに違いがあるものなんでしょうか?

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの冷凍チャーハンを食べ比べ前回の「100円台チャーハン」に続き、200円以上のボリューム多めな4商品をピックアップ。ベストの満腹チャーハンを選出してみました!

ファミリーマート|パラッと炒めチャーハン|288円

280g|おすすめ度 ★★★★☆

ファミマのチャーハンは他社に比べて、特定の素材感を立たせずにバランスよく仕上げた味わいです。挽肉が少なめなのは欠点ですが、一粒ずつがほどよいラード感に包まれたふっくらパラッとした口当たりの良さは特筆点。しつこさのない、落ち着いた美味しさがお好みならファミマをおすすめします! ちなみに内容量は280g、熱量は約568kcal、製造者はニチレイフーズです。

ローソン|五目炒飯|258円

290g|おすすめ度 ★★★★☆

ローソンは258円(税込)という価格で、内容量290gというコスパの良さがなにより魅力的。お味は全体にネギ炒めのこうばしさを引き立たせた醤油ベースのさっぱり系で、具材にたけのことしいたけが入っているのも特徴です。他社に比べるとやや薄味で素直な味付けですが、それがアリなら重宝する良コスパ品ではないかと! ちなみに熱量は549kcal、製造者はニチレイフーズです。

セブン-イレブン|極上炒飯|300円

300g|おすすめ度 ★★★★★

セブンはお値段こそ300円(税込)と高めですが、内容量300gとボリュームも多め。他社に比べて明らかに肉の旨味とスパイス感がガツンと強く、オイスターやはちみつでほんのり甘みを効かせたコク深さもイイ感じです。極上と言うだけはあるクオリティで、本格感と食べごたえを求めるならセブンがおすすめですよ! ちなみに熱量は638kcal、製造者はニチレイフーズです。

セブン-イレブン|すみれチャーハン|267円

300g|おすすめ度 ★★★★★

札幌のラーメン店「すみれ」とコラボした本品は、267円(税込)で内容量300gというローソンと互角のコスパ品です。とにかく焼豚の量とサイズがダントツで、口当たりはパラパラというよりしっとり感重視のバランス。パンチが強くも卵の風味で優しくまとめた、ハイクオリティながっつり系チャーハンです! ちなみに熱量は651kcal、製造者はニチレイフーズ。

結論:セブンの『極上炒飯』が確かに極上だった!

編集部で人気アンケートを取ったところ、セブン『極上炒飯』がベストに決定! 3社4商品すべて製造者がニチレイフーズで、お米のクオリティなどはわりと似通っている印象もありましたが、ガツンとくる濃厚テイストの完成度では本品が文句ナシに際立っていました。コスパ重視ならセブン『すみれチャーハン』かローソン『五目炒飯』、さっぱり系がお好みならファミマ『パラッと炒めチャーハン』をチョイスするのがおすすめです!