【今年の電子書籍ニュースまとめ前編】kindle vs 有象無象の中で市場はどうなっていくのか

kindleの戦略、巻き返しを図る日本勢の方策は?

kindle躍進の理由はもちろん、圧倒的な利便性です。日本一のシェアを誇るネット書店でもあるamazonで検索すればkindle併売のばあい誘導リンクが設置され顧客はストレス無く電子書籍にアクセスできます。また、圧倒的に楽なアフィリエイトの認可とリンクの設置も大きく効いているでしょう。普段見るブログなどでの電子書籍レビューはほぼkindleへの誘導リンクです。たとえちょっと怪しいブログでエロめの電子書籍バナーがチカチカしているようなところでもね。

しかし、これも体感ではありますが、米amazonは現在の日本のkindleストアの売上とシェアには大変ご不満なようで本社から人員を派遣しての大幅なテコ入れが行われるという噂がたっています。

対する日本勢は、なんだか「グイン・サーガ読破専用機も~全集組み込み型電子書籍端末、大日本印刷が発売」のような諦念を感じる潔いなにかの他は、唯一楽天koboが気を吐き、執拗にセールを連発してなんとか顧客をかき集めようと奮闘中です。

でも、電子書籍マニアの人はもう知っていると思うんですが、楽天koboが大きなセールを展開したら数日と経たずにkindleでも同じ割引かそれ以上のセールを叩きつけてぶっ潰すという無慈悲な応酬が行われています。なんか慣れきってしまって最近では楽天koboへセールの確認に行くのはkindleで次に何が安くなるかな?というセール予告の確認みたいになっています。1-2日早く金銭的メリットを受けて慣れないUIで購入本が隔離されるより数日待って最大手の慣れたUIでまとめて管理したいという欲求のほうが大きいんですね。つまり、セールを連打しても、出版社の契約は似たり寄ったりの現状で独自性は出せず売り負けしてしまうという非情な現実が立ちふさがっています。(次頁へ続く)