業務スーパーのシート状食材『豆腐皮』はパスタ代役など使い勝手がいい

業務スーパーの冷凍食品で『豆腐皮』という商品はご存知でしょうか。

豆腐を圧してシート状に引き伸ばした、中華料理の食材。しっかりした湯葉(ゆば)というところ。輸入食品店ではさておき、普通のスーパーだとそう見かけない珍しい商品ですね。炒め物や揚げ物にはもちろん、細くカットして代替麺に使うのも便利。しっかりした風味かつ低糖質で、使い方が分かると意外に重宝しますよ!

業務スーパー|豆腐皮|321円

おすすめ度 ★★★★☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、321円(税込)で販売中。豆腐皮はトウフーピー、ドウフーピーなどと読むようです。内容量は500gで、ちょうどまな板をはみ出るサイズのシート状の豆腐皮が7枚ほど折り畳まれています。常温に少し置き、半解凍して使う分だけカットしたあと、さっと茹でるかレンチンで解凍するのが便利でしょうか。

ちなみに100g当たりの栄養値は、熱量198kcal、たんぱく質20.3g、脂質10.8g、炭水化物5.0g。ちょいカロリーはありますが、原材料はほぼ大豆オンリーで、立派にダイエット向きの低糖質高たんぱく食材なんです。

ざっくりカットして炒め物やサラダなどに使うのが鉄板ですが、その用途だと『豆腐皮スライス』という既に切れてる商品もあるので、本品は真っ直ぐカットして代替麺に使う用途がおすすめ。大豆の風味の主張が強いので、焼きそば、麻婆、担々麺、パスタならカルボナーラなど、濃いめの味付けに向いています。意外にちゃんと噛みごたえがあり、見た目以上に腹持ちも良し。低糖質グルメ用に確保しておくと、メニューの幅が広がりますよ!

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 薄く豆腐を固めて旨味が凝縮された中華食材
  • 硬めにしっとりした独特の食感で、炒め物や煮物に入れても崩れづらい
  • 低糖質麺よりもしっかり風味と歯ごたえがあり、代替麺として優秀
  • 好きな太さにカットできるので、パスタ、素麺、つけ麺など活用度高め

商品情報

  • 内容量|500g
  • カロリー|100g当たり198kcal(合計990kcal)
  • 原産国|中国
  • 輸入者|神戸物産
  • 原材料|大豆(遺伝子組換えでない)/凝固剤(塩化Ca、塩化Mg)

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。