ダイソー『珪藻土コースター』の吸水力はいろいろ活用できて便利

100円ショップのダイソーで販売されている『珪藻土コースター』をご存じでしょうか。

珪藻土とは藻類の一種である珪藻の殻の化石でできた岩石で、昔から火に強い土として七輪やコンロ、壁材などに利用されてきました。近年では、”肉眼では見えないほど小さな孔で自立呼吸をし常に表面が乾燥している” という特性を生かし、バスマットなどに利用されて人気商品になっています。

本品もまた吸水性に優れ、サラサラと心地いい商品。活用範囲も広いんですよ!

ダイソー|珪藻土コースター|162円

表面が多少ザラついていて軽い、という点以外は何の変哲もない、普通のコースター。紙製のものと比べるとちょっと分厚め。吸水性がいいのでデスクサイドで大活躍してくれます。

例えば、こんなデスクサイド。絡まったコード、そして冷たいドリンク。よく見る光景ですね。

冷たいドリンクを置くと、グラスに水が付き、電子機器に囲まれている状況ではキケン。木のデスクだとシミの原因にもなります。

そんな時、珪藻土コースターがあればグラスの水滴を瞬時に吸い取ってくれます。グラスを持ち上げて “コースターが張り付いていてイラッとする” こともありませんでした。

面白いくらい水分をグングン吸い取ってくれますが、カビたりしないよう、適度に陰干ししてあげましょう。また、吸い込みが悪くなったら表面を紙やすりで磨くといいようです。普通のコースターとしての使い心地は珪藻土パワーをよく感じる快適なものでした。これだけで “買い” だと感じる人もいるのでは?

コーヒーの湿気取りにも?

高い吸湿性をもつ珪藻土は、塩やコーヒー粉など湿気を嫌う物の湿気取りとしても活用できます。コースターは10cm×10cmと大きいのですが、500g入りの袋にはスッポリ収まってくれます。

石鹸トレーにも?

濡れてもすぐに乾く珪藻土を石鹸トレーに使えば、使用後の湿った水分で石鹸が溶けるのを防げますよ(長時間水に浸さないよう注意が必要です)。

特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 珪藻土は吸湿と放湿の両方の性能に優れた材質。
  • 汗をかきやすい、冷たい飲み物をデスクサイドで楽しむ時に便利。
  • 大袋入りのコーヒー粉の調湿剤として利用できる。
  • “調湿” という個性を活かし石鹸トレーとしても活用できた。

ぜひ、あなたのライフスタイルに合わせて珪藻土コースターを活用してみてください。

商品情報

  • 製造地|中国
  • 材質|珪藻土・植物繊維・水酸化カルシウム
  • サイズ10cm×10cm×0.9cm

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。