コストコ『リンツ リンドール トリュフチョコレート アソート』のおすすめ度は? 気になる量と4種の味をチェック

コストコ(Costco)で販売されている『リンツ リンドール トリュフチョコレート アソート』をご存じでしょうか。

コストコでは定番菓子ともいえる、スイスの老舗チョコメーカー、リンツ製「リンドール」のお買い得パックですね。ミルク・ホワイト・ダーク・ヘーゼルナッツの4種48個。厚いシェルととろとろのガナッシュを組み合わせたトリュフチョコ、やっぱりスペシャル感がありますね〜。

リンツ リンドール トリュフチョコレート アソート|1,598円

おすすめ度 ★★★★★

コストコで販売されている『リンツ リンドール トリュフチョコレート アソート』は1,598円(税込)。スイスの老舗チョコメーカー、リンツ(LINDT & SPRÜNGLI)の定番チョコ「リンドール(LINDOR)」の詰め合わせパックですね。4種類各12個で48個入り。1個あたり約34円。原産国はイタリア、輸入者はコストコホールセールジャパン。直営店で買うと1個80〜90円台くらいするため(主にスイス原産ですが)、お買い得感はハンパなし。

ちなみに本品、コストコでは定番であり人気のチョコアソートですが、以前に見かけたものと比べると、内容が5種50個から4種48個に、原産国がアメリカからイタリアに変更されているようですね。リンツの公式オンラインショップでは、原産国はスイスかイタリアのものが主なので、より本家本元感があってありがたい感じ!?

ガナッシュのとろとろ感がたまらない!

本品に含まれるリンドールは、「ミルク」「ホワイト」「ダーク」「ヘーゼルナッツ」の4種類(以前は「キャラメル」や「エクストラダーク」が含まれることも)。

リンドールの特徴は厚めのシェルととろとろガナッシュ。アメリカ産のリンドールはややガナッシュのとろみが弱く、香料がちょっと強めかな〜という印象がありましたが(それでも十分においしい)、イタリア産は安定のクオリティという感じ。シェルを噛み砕いてから、ガナッシュが口溶けよくとろけ、瞬時に熱〜く広がる……この濃厚さ加減、クラクラしますね(笑)。カロリーは1粒約79kcalというところです。

余談ですが、リンドール(LINDOR)という商品名は、LINDTとフランス語の金・ゴールド(OR / オール)を組み合わせたもの。プレミア感のある名称ですよね〜。

リンドール ミルク

リンドールの定番「ミルク」。濃厚でゆっくりな口溶けのシェルと、さらっととろけていくガナッシュの組み合わせは実にしあわせ。オーソドックスなミルクチョコ味ですが、洋酒を思わせるような品のある香りをほのかに感じます。

リンドール ホワイト

ホワイトチョコのリンドール。こってりとした熱くて甘いガナッシュはむせかえるよう。ホワイチョコのフレーバーが長くのどに残る感覚があって、こんどはダークが欲しく……という無限チョコループのきっかけになるような一粒です。

リンドール ダーク

カカオマス多めのリンドール ブラックです。ビターなシェルチョコの風味ととろとろのガナッシュのコントラスト差のせいか、一瞬ブランデーを含んだような感覚を覚えるかも。香料感は弱めで、わりと素直なチョコテイストを愉しめるオトナスイーツって感じですかね。

リンドール ヘーゼルナッツ

シェル側にヘーゼルナッツを混ぜ込んだリンドール。まぁ、ジャンドゥーヤですね。ヘーゼルナッツの蠱惑的な甘味がしっかり愉しめるうえに、ナッツ自体の食感も味わえる点がポイント。やや箸休め的ポジションで食べたくなる一粒かもしれませんね。

*    *    *

『リンツ リンドール トリュフチョコレート アソート』は常備チョコとしてもギフトチョコとしてもおすすめ。ハロウィンのおやつにもいいし、ホムパのつまみ菓子にも申し分なし。なによりもリンドールが一粒約34円というお買い得感はハンパないので、おすすめ度は★5つで。

商品情報

  • 内容量|600g
  • カロリー|100gあたり626kcal(総計3,756kcal)
  • 原産国|イタリア
  • 輸入者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|砂糖、植物油脂、ココアバター、カカオマス、全粉乳、乳糖、脱脂粉乳、乳脂肪、ヘーゼルナッツ、大麦麦芽エキス/乳化剤(大豆由来)、香料

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。