セブンの冷凍食品「ランチに食べたい麺もの」おすすめ4選!

セブン-イレブンの冷凍食品から「ランチによさげな麺もの」を選んでみました。

セブンのPB冷凍食品は実に種類豊富でして、麺ものも多数ラインナップされています。その中から、mitok編集部で実食して、わりとリピ買い対象となっているもので、さらに “セブンならでは” 的なものにフォーカスしています。今日のごはんの調達のご参考にどうぞ〜。

① 肉うどん

199円|247g|320kcal|キンレイ|おすすめ度 ★★★★☆

安ウマという点で『肉うどん』はおすすめしておきたい一品です。パケ写の肉量が誇張しすぎで、実はちょっとしか肉が入っていない点を踏まえても、やっぱりおすすめ。うどんとつゆの完成度がけっこう高いんですよね。やや細めのうどんはツルッとした啜り具合で弾力強めのモチモチ食感。そして、つゆは昆布だしの落ち着いたベースにさばといわしの削り節の香ばしさが立って、じんわりと芯の強さを感じるおいしさ。微量の牛肉はつゆの旨みにも影響してるかも。一見すると超シンプルで物足りなさげなうどんですが、味わい的には満足度お高め。どうせなら具材を別途調達してリッチなうどんに仕上げるのもおすすめです。

② 具だくさん ちゃんぽん

338円|373g|433kcal|高松日清食品|おすすめ度 ★★★★☆

野菜がちゃんと入った麺モノなら『具だくさん ちゃんぽん』を選んでおきたいですね。濃厚かつクリーミィな豚骨系スープはまろやかな口当たりで、歯切れのよい中太麺との絡みよし(コシは弱め)。そして具材。キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし、コーン、きくらげ、えび、いか……種類めっちゃ豊富! いずれもシャキっと食感を残していたり、煮込み感があったりと、確かに具を楽しめるレベル。何か足したほうがいいかな、なんて思わなくて済みますね。炒め野菜の香りがいい具合にスープに移っている感もあって、全体のまとまり具合が良好。選んで後悔しないタイプですよ。

③ 関西風だし 鍋焼うどん

440円|588g|422kcal|キンレイ|おすすめ度 ★★★★★

直火調理タイプのアルミ鍋うどん『関西風だし 鍋焼うどん』はけっこうクオリティ高いのでプッシュ。まず具材の存在感がしっかりあって種類多めな点がいいんです。えび、鶏肉、もち、しいたけ、玉子焼きなど、どこかお雑煮的取り合わせ。加えて、つゆの上品な味わい。昆布だしをベースに、さばやウルメイワシ、鶏ミンチなどを使ったという関西風のつゆは、香りよく、澄んだ旨みが後を引く味わい。調理が若干面倒だな〜って思っていたアルミ鍋ものも(IH調理器OK)、これなら常備しておきたくなるんじゃないかと。この先、寒さを感じる日のランチや夜食の候補にぜひどうぞ。

④ 蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺(マーシンメン)

321円|350g|551kcal|日清食品冷凍|おすすめ度 ★★★★★

有名店とのコラボ商品って、一過性のネタ的フードっぽい雰囲気があったりしますけど、蒙古タンメン中本とセブンが作った『汁なし麻辛麺(マーシンメン)』は本気度お高めでちょっと感心。肉味噌の旨味にニラやにんにくのパンチが効いた麻婆だれは、花椒入りラー油の追加でカラシビマシマシOK。この辛旨風味、弾力のある平打ち麺が受け止めてしっかりと味わえるんですよね。まずはラー油なしですすってみてください。あとは好みと限界次第でガチの激辛感を堪能できますよっ(胃の調子が悪いときはやめましょう)。

*    *    *

以上、セブンで選びたい冷凍めん食品をお届けしました〜。

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。