業務スーパーの肉そぼろ『焼豚フレーク』は香辛料が効いてチャーハン具材にもアリ

業務スーパーの瓶入り惣菜で『焼豚フレーク』という商品はご存知でしょうか。

醤油ベースの甘辛い味付けで仕上げられた豚肉そぼろです。基本はオーソドックスなそぼろ惣菜なのですが、チャーシューをイメージして五香粉や辣醤を使用し、ほんのり中華料理っぽいピリ辛な風味付けをしているのが特徴的。ご飯のお供にはもちろん、チャーハンの具材などに使うのもアリな個性派惣菜ですよ!

業務スーパー|焼豚フレーク|170円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーにて170円(税込)で販売中です。内容量は160gで、たっぷりご飯に混ぜ込んでもお茶碗3~4杯分は使えるボリュームですね。ほくと食品製造のそぼろ惣菜は激安商品が多く、『鶏そぼろ 甘辛しょうゆ味』(160g・158円)や『豚肝そぼろ』(160g・104円)に比べればもう一歩ですが、十分なコスパ感にまとまっているかと思います。

長ねぎと唐辛子の混じる豚肉そぼろは、焼豚というよりは鶏そぼろなどに近い柔らかめのしっとり食感。チャーシュー特有のパンチがきいた旨味は期待すべくもない、普通のそぼろ惣菜ではありますが、辣醤の辛味噌テイストと(台湾めしの魯肉飯にも使われる)五香粉の香りが立って、香り豊かに濃いめの甘辛感を楽しめる味わいにまとまっています。白米にはもちろん、チャーハンに混ぜ込んでも軽く風味を足せますし、肉味噌的にラーメンに添えて活用するのもアリな味ですよ!

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 焼豚をイメージして香辛料をきかせた豚肉そぼろ
  • 甘めの醤油ベースに辣醤の辛味がピリッと立ち、普通のそぼろ惣菜よりは若干辛め
  • ほんのり香る五香粉のスパイス感が上品で、チャーハンなどに足しても違和感のない中華っぽさ
  • ピリ辛感と香ばしさを活かして、肉味噌的に各種料理に使うのもアリ

商品情報

  • 内容量|160g
  • カロリー|100g当たり206kcal(合計約329kcal)
  • 製造者|ほくと食品
  • 原材料|豚肉、粒状大豆たん白、しょうゆ(小麦を含む)、砂糖、長ねぎ、たまねぎ、焼豚調味料、辣醤、香辛料、たん白加水分解物/甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、酸味料、安定剤(キサンタン)、香料

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。