コストコの70個級トリュフチョコ缶『マセス 4フレーバー』はオレンジピールなど粒ぞろい

コストコ(Costco)で販売されている『マセス トリュフ 4フレーバーアソート』をご存じでしょうか。

流れるようにとろける食感が特徴的なマセスのトリュフチョコ。コストコではプレーン味が定番な感じですが、選びやすさという点では3種のフレーバー(クリスピー、塩バターキャラメル、オレンジピール)を追加したアソート缶のほうに分がありそう。個包装タイプで食べやすいし。家用やギフト用、プレーン缶とのチョイスに悩んだら、本品のほうがおすすめですかね〜。

マセス トリュフ 4フレーバーアソート|1,358円

おすすめ度 ★★★★★

コストコのチョコ菓子コーナーで見かける『マセス トリュフ 4フレーバーアソート(Mathez Truffes Fantaisie)』は1,358円(税込)コストコではプレーンタイプのトリュフチョコを詰めた2缶セットが定番ですが、本品はクリスピー、塩バターキャラメル、オレンジピールを加えた4種フレーバーの詰め合わせ。1缶650g、約67個入りです(レビュー用商品は計70個、各フレーバーは15〜20個ずつ)。

プレーン缶と違い、個包装スタイルなのもポイント。シェア用として配りやすいですね。なお、Chocolat Mathez(日本語表記はマセスだったりマテスだったり)は1934年創業のフランスの老舗トリュフチョコメーカーです。

オレンジピールフレーバーがとくに好評

こちらはプレーン(Plain)。マセス製トリュフチョコの特徴は、崩れたあとにサラッとスピーディにとろけていく口溶け。ココアパウダーのビターさとスイート感が一気に広がるんですよね。この食べ心地がクセになっちゃう人はけっこう多いのでは?

こちらはクリスピー(Crispy)。プレーンタイプにクレープを混ぜたものですね。サラリと溶ける食感の中で、クレープのサクサク食感が小気味よい感じ。

こちらは塩バターキャラメル(Salted Butter Caramel)。それっぽいフレーバーのチョコ……ではなく、かなりカリッカリとした塩バターキャラメル粒を混ぜたやつです。トリュフチョコ自体はおそらくプレーンなんだと思いますが、濃厚なバターキャラメル香にすべて持っていかれる感じ。悪くないですね〜。

こちらはオレンジピール(Candied Orange)。といっても、オレンジピールをチョココーティングしたものではなく、砂糖漬けのオレンジピールをトリュフチョコにトッピング的に混ぜたもの、ですね。甘味の強いトリュフチョコの中で、オレンジピールのほろ苦甘酸っぱい風味が軽く刺激に。mitok編集部内では、このオレンジピール味が一番人気のフレーバーでした。

*    *    *

店頭では『マセス トリュフ 4フレーバーアソート』と『マセス プレーントリュフ』とでチョイスに悩むかもしれませんね。はじめて購入するのであれば、4種の味が楽しめる『4フレーバーアソート』がおすすめ。まずはお気に入りの味を探すのがよいかと。ギフトとして選ぶ際も『4フレーバーアソート』。『プレーントリュフ』と違って個包装タイプなので、貰った人も食べやすいと思いますよ。

商品情報

  • 品番|589431
  • 内容量|650g
  • カロリー(100gあたり)|プレーン 600kcal、クリスピー 591kcal、塩バターキャラメル 590kcal、オレンジピール 585kcal
  • 製造者|マセス
  • 原産国|フランス
  • 輸入者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|[プレーン]植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー、ココアパウダー/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む) [クリスピー]植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー、クレープ、ココアパウダー/乳化剤、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む) [塩バターキャラメル]植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー、塩バターキャラメル、ココアパウダー/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む) [オレンジピール]植物油脂、砂糖、低脂肪ココアパウダー、ホエイパウダー、オレンジピール、ココアパウダー/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆・オレンジを含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。