コストコの “でかい肉” をおいしく調理する方法をまとめてみた|7品

コストコで販売されている「キロ級の大きすぎる肉」を調理する方法をまとめてみました。

精肉コーナーなどで見かける商品はどれもボリューム感たっぷり。キロ単位とか余裕。おいしそうだけど、大きすぎてうまく調理できるか心配で買い控える人も多いんじゃないかと思います(量が量だからコスパが良いといっても高額で躊躇もするけど)。そんな巨大肉を上手に処理しておいしく食べる方法をまとめてみた次第です。

今夜の肉料理のご参考にどうぞ〜 m(_ _)m

※最終更新日:2018年12月23日(7品)

チルドビーフ 皮むきタンVP(牛タン)

おすすめ度 ★★★★★

精肉コーナーで見かける牛タンのかたまり。キロ近い……か!? 気になるけど、焼肉店でも薄切り状態のものしか見たことがないのに、どうやって調理すれば……と躊躇する人も多いのでは? というわけで、切り分け方や焼き方、さらに保存方法までをご紹介しましょう。この牛タン、極上のおいしさですよ!⇒調理方法の詳細はこちら

USA ビーフ肩ロース カタマリ

おすすめ度 ★★★★★

精肉コーナーで王者的存在感を放つ『USA ビーフ肩ロース カタマリ』。どーんと約2kgもある巨大なブロック肉です。かたまり状態だとハードルが高く感じますが、上手に処理すれば、ご家庭でもレストラン並みのごちそうが作れますよ! そこで今回は、このかたまり肉を切り分けて、ローストビーフと塩こうじ焼肉を作る方法を紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

USビーフ 冷凍シマチョウカット(ホルモン)

おすすめ度 ★★★★☆

アメリカ産牛ホルモン『冷凍シマチョウカット 1.5kg』、もつ鍋や焼肉にするとおいしいシマチョウですね。脂のほのかな甘さとトロける食感がたまらないやつです。本品は、洗浄済み&カット済みなので非常に扱いやすく、ゆでこぼしも1回でOK。シマチョウの下処理と調理方法をご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

カナダ産 三元豚スペアリブ 真空パック

おすすめ度 ★★★★☆

『カナダ産三元豚スペアリブ 真空パック』……豚肉のあばら部分が1.5kg! カット済みのものより高コスパですが、まな板からはみ出るほどの大きさなので「家庭料理向きではないかも」と敬遠しがち。しかし心配ご無用! ご家庭でも、意外と簡単においしいごちそうを作れます。スペアリブの切り分け方とその調理方法、ご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

NOEL 骨なしハモンセラーノ(原木)

おすすめ度 ★★★★★

スライスする前の生ハム……いわゆる “生ハム原木” と呼ばれる『骨なしハモンセラーノ』。骨のない部分を2kg分という、使いやすいサイズ感が非常にありがたいですね。おいしい生ハムを好きなだけスライスし放題という憧れのシチュエーションがついに実現! スライスのコツや保存方法をご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

アメリカ産チョイスビーフ モモネット掛け

おすすめ度 ★★★★☆

『アメリカ産牛肉 モモネット掛け』はローストビーフ用として、冬季限定で登場する牛もも肉です。スジ切りとネットがけが終わっているので、あとは下味をつけて火を通すだけ! ぶ厚いかたまり肉を、中心までほんのりピンク色に仕上げる方法をご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

バターボール 冷凍ターキー 〜 丸焼き編

おすすめ度 ★★★★☆

『バターボール 冷凍ターキー』はアメリカ産の七面鳥を1羽分、冷凍したもの。内臓の除去などの基本的な処理は済んでいるので、調理は比較的ラクではあります。オーブンでじっくり焼けば、クリスマスを盛り上げるごちそうの完成です。とはいえ馴染みのない食材ですので、解凍方法から焼き方まで、しっかりとご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

バターボール 冷凍ターキー 〜 鶏ガラスープでラーメン編

おすすめ度 ★★★★★

コストコの七面鳥を1羽まるごと食材『バターボール 冷凍ターキー』は、解凍してオーブンでじっくりローストすれば出来上がりですが、それだけで終わるのはもったいない! 食べ終わった後に残った骨。これを煮込めば、おいしいスープが取れるんです。そこで今回は、ターキーのガラを使ったスープの作り方をご紹介しましょう。⇒調理方法の詳細はこちら

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。