コストコの「チーズ入門によさげな商品」おすすめ4選!

コストコで「チーズ入門によさげなやつ」を選んでみました。

コストコで販売されているチーズは種類が豊富なんですけど、ご近所のスーパーでよく見かけるプロセスチーズ系はあまり見かけず、輸入もののナチュラルチーズばかり。どれを選んでいいのやら迷う……(お値段もわりと張るし)。そこで「入門にはこのあたりいいのでは?」的なものをチョイスしてみた次第です。ワイン好きじゃなくても、チーズはおいしく食べられます。チーズ選びに迷ったらご参考にどうぞ〜。

①[ハード]パルミジャーノレジャーノ 24カ月

100g単価300円前後|イタリア|おすすめ度 ★★★★★

チーズのおいしさを体験するのに手っ取り早いのは「パルミジャーノ・レッジャーノ」かと思います。イタリアを代表するハードチーズです。長期熟成によって水分が抜け固くなり、旨みが極限まで凝縮された美味食材。適度なサイズにカットしてお口に放り込んでください。重厚な酸味と甘みが絡み合うコク深い旨み、思わずニヤついちゃうんじゃないかと。まさに食べる至宝。ワインやエールのお供に最高だし、粉チーズにしてパスタソースに混ぜると旨み増し増しになるなど、隠し味食材としても優秀です。はじめて買う際はまず24カ月熟成タイプを選ぶことをおすすめします(36カ月タイプよりは安いので)。

②[白カビ]ブリーチーズ

1,200円前後|380g|フランス|おすすめ度 ★★★★★

チーズ選びで迷ったら、ぜひ「ブリーチーズ」も手にとってほしいところ。有名なカマンベールチーズと同じく軟質の白カビチーズで、それよりも大きなサイズが特徴です(そのため熟成期間や旨み具合が異なる)。食べる際は白カビを払い落とさず、そのままでどうぞ。非常にクリーミィで、やさしくも旨味たっぷりの風味がお口に広がるかと思います。脂質が多く、口溶けはとろけるよう。ミルクの旨みのかたまり的なチーズです。はちみつがけや、パンにのせてトーストするのもおすすめですよ。

③[セミハード]ル・ルスティック ラクレット 皮なしスライス

998円|400g|フランス|おすすめ度 ★★★★☆

食材と絡めて食べるチーズをお求めなら「ラクレット」がおすすめ。セミハードタイプのチーズで、溶かしたものをじゃがいもなどに絡めて食べる料理は、その名をとってラクレットと呼ばれています。本来はホールタイプですが、コストコでは『ル・ルスティック ラクレット 皮なしスライス』という便利なスライス済みラクレットが販売されています。簡単な食べ方は、茹でたじゃがいもを覆うようにスライスを並べ、電子レンジでチーズが溶けるまで加熱するというもの。本品は “ラクレットにしては” わりと香りが穏やかで食べやすく、適度な旨みやコクでじゃがいもをおいしく味付けしてくれます。ブラックペッパーなどで味を調整するのもOKですよ。

④[チーズフォンデュ]シュトレール チーズフォンデュ

200g×3箱|1,300円前後|スイス|おすすめ度 ★★★★☆

チーズに興味があるならチーズフォンデュも試してみたいですよね?(強引) そんなときは『シュトレール チーズフォンデュ』が手軽でおすすめ。レトルトパックに入ったフォンデュベースを加熱するだけ。輸入ものって、不慣れな日本人には白ワインがキツかったりもしますが、本品は白ワインを使わず(キルシュのみ)、アルコール含有量を抑えたマイルド系。風味にクセはなし。酸味の薄い、塩気が強めの万人受けする旨みタイプです。(固めの)パンをはじめ、肉や野菜など多くの具材とよく合います。扱いに慣れたらフォンデュ方式はスルーして、単にチーズソースとしてもどうぞ。サイコロステーキとの相性もイイんですよねぇ。

*    *    *

以上、コストコで調達したい「入門によさげなチーズ」まとめでした。その他のチーズ関連商品についてはこちらもどうぞ

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。