コストコの53袋大入り『たけのこの里』はどれくらいお得? 気になるコスパをチェックしてみた

コストコで販売されている『明治 たけのこの里 53袋入り』をご存じでしょうか。

先に行なわれた「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」ではきのこ党を抑えて勝利したたけのこ党。その「たけのこの里」だけを詰め込んだ徳用ボックスです。たけのこ党員なら備蓄待ったなし。とりあえずコストコ版がどれくらいお得なのか、コスパをチェックしてみました。

明治|たけのこの里 53袋入り|1,338円

おすすめ度 ★★★★★

コストコのおやつコーナーで見かける『明治 たけのこの里 53袋入り』は1,338円(税込)。1袋5個入りの「たけのこの里」を53袋も詰め込んだ箱です。「きのこの山」は入ってません。たけのこの里原理主義パックみたいなやつ。そのへんのスーパーでは見かけない、コストコ仕様の大型パッケージですね。合計重量は609g、総エネルギーは3,392kcalです。

コストコ版「たけのこの里」はどれくらいのコスパ?

コストコ版「たけのこの里」はどれくらいお得なんですかね? よく見かける通常パッケージ(平箱)徳用パック(2種・12袋)とのコスパを比較してみました(価格は某店における参考価格です)。

  • コストコ版 …… 10gあたり約22円。
  • 通常パッケージ(平箱) …… 10gあたり約31円。
  • 徳用パック(12袋) …… 10gあたり約22円。

間違いないのは、コストコ版(53袋)は通常パッケージよりも3割ほどお得ということ。一方、徳用パック(12袋)は強引にグラム単価(10g)で見るとコストコ版とほぼ同等。ただ、12袋のうち半分6袋は「きのこの山」なんですよね。「きのこの山」も「たけのこの里」と同じように愛していますって人には高コスパな商品と言えるのですが、お目当てが「たけのこの里」だけなら、やはりコストコ版一択でしょう。ちなみに、コストコ版は割引クーポンが適用されることもありますよ(150円引きとか)。

なお、「たけのこの里」のコストコ版(写真左)と徳用パック(写真右)はどちらも1袋5個入り。でも、表示内容量を見ると、コストコ版は11.5g(64kcal)、徳用パックは11.0g(61kcal)という微妙な差があるんですよね。そこで小数点以下対応の重量計で測ってみたのですが、両者の差はほぼなし。0.5gの差を感じ取るのは難しいので、コストコ版も徳用パックもどちらも1袋の内容量は同じと考えてよさそうです。この表示、何かの事情があったりするんですかねぇ……。

*    *    *

コストコ版「たけのこの里」が高コスパなのは間違いないので、とりあえずゲットしておくくらいの感覚で買ってもいいのでは? 毎日のおやつだったり、行動食として携行したりにもちょうどいいですし。無限たけのこの里をお愉しみください。

商品情報

  • 内容量|609g(53袋)
  • カロリー|1袋(11.5g)64kcal(炭水化物 6.5g)
  • 販売者|明治
  • 原材料|砂糖、小麦粉、全粉乳、カカオマス、ショートニング、鶏卵、植物油脂、ココアバター、卵白、マーガリン、アーモンドペースト、乳糖、脱脂粉乳、食塩、クリーミングパウダー、麦芽エキス/乳化剤、膨張剤、香料、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。