コストコのコーヒー豆『スターバックス スプリングブレンド』はどんな人におすすめ? 味傾向やコスパをチェックしてみた

コストコ(Costco)で販売されている『スターバックス スプリングブレンド』をご存じでしょうか。

スターバックスコーヒーブランドの春季限定コーヒー豆ですね。使用コーヒー豆はブルンジとコスタリカをメイン産地としたブレンド。飲みやすい深煎りテイストにまとまっておりまして、苦味は濃くても、まろやかな甘みとほのかでさわやかな酸味によって、わりと軽い口当たりに。春っぽいといえば確かにそんな感じですかね〜。

スターバックス スプリングブレンド|2,568円

コストコで販売されている、コストコ向けスタバ製コーヒー豆『スターバックス スプリングブレンド(Starbucks Spring Blend)』は2,568円(税込、参考価格)。1袋1.13kg、1杯13gほど使うとすると約87杯分(約30円)。原産国はアメリカ。生豆生産国などの情報は以下のとおりです。

コーヒー豆をチェック

生豆原産国はブルンジ(東アフリカ)、コスタリカ(中央アメリカ)をメインとしたマルチリージョン。日本におけるブルンジの知名度は低いかと思われますが、近年では同国産コーヒー豆を取り扱う店舗も増えているようです。焙煎レベルはスタバ基準の3段階(ブロンド・ミディアム・ダーク)でメディアムロースト。やや表面に油分が浮いており、一般的な8段階だと、深煎り寄りのシティロースト以上に相当するかと思います。割れ豆が見当たったりはするものの、全体的にはサイズ感や焙煎ムラなどは安定している感じです。

コーヒー豆の仕様・コスパ

  • 参考価格|2,568円
  • 容量|1.13kg
  • 100g単価|約227円
  • 焙煎|ミディアムロースト
  • 生豆原産国|ブルンジ、コスタリカ、その他

まろやかで飲みやすい深煎りテイスト

味の傾向

  • 苦味 ★★★★☆
  • 酸味 ★★☆☆
  • 甘味 ★★★☆☆
  • コク ★★☆☆☆
  • 香り ★★★☆☆

上記は中細挽きをペーパーフィルターでハンドドリップした場合の味傾向です。

湯を注いだときの膨らみが弱く、豆の鮮度にはムラがあるかも? テイスト傾向としては、華やかな香りで飲みやすい深煎り、というところかと思います。

苦味をメインとするも、角を取るようなまろやかな甘みがあってクセは弱め。フルーティさのある酸味が微かに効いていることもあり、どっしりとしたコク深い重さというよりは、苦味をカジュアルに味わえる作りという印象です。スタバ的なピリッとスパイシーな苦味も無い感じ。酸味系は好きじゃないけど、苦味が強すぎてもちょっと……という人にはかなり適しているのでは? なお、mitok編集スタッフの中では、あとに残る苦味が微妙に雑味感あってイヤ……とする意見もありました。

1.13kgという量は消費するのにそれなりの日数が必要ですよね。開封後はコーヒー豆を密閉容器に移し、日の当たらない暗所で保管しておくのがおすすめです。

商品情報

  • 品番|578465
  • 内容量|1.13kg
  • 製造者|スターバックスコーヒー
  • 原産国|アメリカ
  • 輸入者|コストコホールセールジャパン
  • 原材料|コーヒー豆(生豆生産国:ブルンジ、コスタリカ、その他)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。