コストコのタレ漬け牛肉『プルコギビーフ(韓国焼肉風)』はパイナップル入りで絶妙のやわらかさ

コストコの定番食材『プルコギビーフ(韓国風焼肉)』ですが、実はちょこちょこリニューアルされていることをご存知でしょうか。以前は肉をやわらかくする果汁としてキウイフルーツが使われていましたが、現在(2019年6月)はパイナップル。改めてその味をチェックしておきましょう。

アメリカ産牛の赤身中心なお肉が、パイナップル(と梨ピューレ)の力でとっても柔らかい! 特別なごちそうというよりは、親しみやすい日常の味として非常に優秀でして、晩ごはんのメインにしてもよし、お弁当のおかずにしてもよしと、幅広く便利に使えますよ。ますます買って損なしのオススメ食材となっています。

コストコ|プルコギビーフ(韓国風焼肉)|148円/100g

おすすめ度 ★★★★★

こちらがコストコのデリ・惣菜コーナーで販売されている超定番食材『プルコギビーフ(韓国風焼肉)』(品番96641)。アメリカ産の牛肉(チョイスグレード)をタレに漬け込んだもので、お値段は100gあたり148円(税込)です。購入したものは2,004g入って2,966円でした。

「チョイスグレード」は、アメリカ農務省(USDA)による格付けで上から2番目。霜降り感はないものの、バランスが取れている肉とされています。ちなみに、ひとつ上のプライムグレードを使った『プライムプルコギビーフ』が、一部店舗で販売されていたりしますよ。

『プルコギビーフ』は2016年にリニューアルされ、お肉を柔らかくする素材としてキウイフルーツが採用されていました。が、その後さらに調整され、現在はキウイフルーツのかわりにパイナップルが入っています(梨ピューレは引き続き使用)。

薄くスライスされた牛肉が、玉ねぎと一緒に、タレにしっかりと漬け込まれています。青ねぎとごまのトッピングもたっぷり!

肉質はとても柔らか! 濃厚な甘辛テイストはごはんが進みまくる

調理方法は至って簡単。フライパンで炒めるだけ。中心部まで十分に火が通ればできあがりです。焼いているうちにたくさん水分が出てくるので、肉を引き上げたあとに野菜を炒めるといった2次利用が可能。

薄切りの牛肉は焼くとクルッと丸まって、盛り付けるとこんもりしますね。しっかり火を通しても、十分柔らかいですよ! それでいて、お肉ならではの歯ごたえと風味はキープされており、「お肉を食べている」という充実感が得られます。高級感というよりは、親しみやすさのある日常の味ですね。

『プルコギビーフ』は甘辛系の濃厚な味つけ。レタスやサンチュといった野菜で包んでいただくと、みずみずしいさっぱり感がプラスされてグッドです。

ご飯にのせてどんぶりにすると至福の味わい! 柔らかくうまみ十分の牛肉だけでなく、脂身のぷるっとした舌ざわりや玉ねぎの甘み、青ねぎのアクセント、ごまのこうばしさといったものが、白飯と相性バツグン。お箸が止まらなくなりますよ。

*    *    *

パイナップル入り『プルコギビーフ』は、柔らかさと噛みごたえのバランスが良好。特別なごちそうというよりは、親しみやすい日常の味として鉄板の食材ですね。そういう意味では『プライムプルコギビーフ』よりも、こちらのほうが安くて満足度が高いかも。相変わらず買って間違いなしの逸品ですよ~。

商品情報

■品番|96641 ■内容量|2,004g(参考) ■カロリー|不明 ■消費期限|加工日の2日後 ■保存方法|要冷蔵4℃以下 ■製造者|コストコホールセールジャパン ■原材料|牛肉(アメリカ産)、プルコギソース(しょうゆ加工品、異性化液糖、梨ピューレ、砂糖、玉ねぎ、食塩、にんにく、発酵調味料、こしょう、ごま、酵母エキス)、玉ねぎ、ごま、青ねぎ、パイナップル、pH調整剤、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、(原材料の一部に小麦を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。