コストコの44袋『電子レンジ用ポップコーン』はいつでもアツアツ出来たてでおいしいしコスパもいい

コストコで販売されている『電子レンジ用ポップコーン 44袋』をご存じでしょうか。

同店でも定番のおやつですね。電子レンジで加熱すれば、手軽に出来たてポップコーンが愉しめるやつ。シンプルな塩&バターの味付けでアツアツときたら、素直なおいしさ。おやつにもおつまみにもいいし、常備おやつの候補にどうぞ。とにかく大量なので、しばらくはポップコーンに困らないというか困るというか……。

コストコ|電子レンジ用ポップコーン 44袋|1,628円

おすすめ度 ★★★★☆

コストコのPB、KIRKLAND Signature(カークランド シグネチャー)の定番系おやつ『電子レンジ用ポップコーン(Microwave Popcorn)』は1,628円(税込)。内容量は1食(93.5g)のポップコーンが44個入り、総計4.1kg。単価は1個あたり37円、カロリーは約485kcal。以前にもご紹介していますが、原材料にバターが加わっていたり、パッケージデザインが変わっていたりもするので改めてご紹介します。

ポップコーンは電子レンジで調理するタイプ。1食分ごとに個包装となっており、指定面(THIS SIDE UP)を上にして電子レンジで数分間(後述)加熱するだけで、とうもろこしが次々に弾けてポップコーンが出来上がります。作り方についてはさておき、ひとまずそのお味から。

出来たてはおいしい! 塩&バターの適度な味付け

袋が破けんばかりに膨れ上がった、モリモリのポップコーン。ひとことで言えば、出来たてはやっぱりおいしい。味付けはシンプルな塩ベース。ほんのりバター風味もまじり、派手じゃないけど、確かな香ばしさと旨みが味わえるんです。味に飽きれば、ブラックペッパーや香辛料パウダーを追加したり、キャラメルやチョコソースなんかをかけてみたりしてもいいですね。

なお、量的には1袋を2〜3人でつまむのがちょうどよいかと思います。

ポップコーンの作り方(電子レンジによって出来にばらつきあり)

さて、手軽に出来たてポップコーンが愉しめる本品ですが、「うまく作れない」ケースも少なくないんじゃないかと思います。とうもろこしの弾ける音が落ち着き、これで完成と思って開封してみたら、不発のとうもろこしがまだたくさん残っていたり。なるべくムダなとうもろこしは発生させたくないですよね。

mitok編集部で使用している電子レンジ(東芝「石窯ドーム ER-SD70」)だと、次のような作り方でわりとムダなく出来上がる感じです。まず出力600Wで1分50秒に設定して加熱し、いったん加熱が終了したら、ほんの数秒おき、そのまま追加で60〜80秒加熱を続け、弾け音が止んだ時点で止めると……袋いっぱいのポップコーンが出来上がり。これを通しで3分加熱したりすると、なぜか一定量の不発が発生しちゃうんですよね。なぜだろう……。

うまく作れると、ポップコーンが袋をこじ開けんばかりの量に。なお、袋を開ける際は高温の油分が流れ出すこともあるので十分に注意しましょう。お子さんのいる家庭では、必ず大人が作るようにしてくださいね。

商品情報

■品番|9555 ■内容量|93.5g × 44袋 ■カロリー|100gあたり518kcal(1袋あたり約485kcal) 原産国|アメリカ ■輸入者|コストコホールセールジャパン ■原材料|とうもろこし(遺伝子組換えでない)、パーム油、食塩、バター/香料、酸化防止剤(ビタミンC)、(一部に乳成分を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。