業務スーパーの500g『えだまめ(さや付き)』はおつまみ要員として常備もおすすめ

業務スーパーの冷凍食品に『えだまめ』がラインナップされているのはご存知でしょうか。

中国原産の冷凍枝豆がたっぷり500g入り。軽く湯通し済みなので、レンジ加熱するだけでサッと手早く用意できる、定番のおつまみ食材ですね。これといった個性はないものの、コスパ重視でビールのお供を選ぶなら手堅いチョイスではないかと。

業務スーパー|えだまめ|149円

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、149円(税込、税抜138円)で販売中です。内容量は500g。調理方法は本品100gをお皿に移してラップをかけ、500Wの電子レンジで約3分を目安にチンするだけ。ちなみに熱湯を沸かした鍋でさっと茹で直してもOKです。

一般的な生鮮品と比べて、品質に気になる部分は特になし。枝豆特有のあっさりした旨味と香りが自然に立っています。若干実の小さな個体が多い印象はあるものの、おつまみ以外にも混ぜご飯やサラダなど、各種料理に問題なく活用できるクオリティです。胡麻やバター明太子などでさやごと風味付けするレシピにも活用OK。ただ、料理に使うにはさやが邪魔ですかね。その点では『むき枝豆』(500g・199円)のほうが料理への使い勝手は上になりますが、ビールおつまみにする場合でしたら、「枝豆食べてる感」が楽しめるさや付きのほうがハマるかと思います(気分の問題ですけど)。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 湯通し済みのさや付き枝豆がたっぷり詰まった冷凍野菜パック
  • 国産品に比べて若干旨味が薄く、粒立ちも平均的だけど、品質は特に問題なし
  • 味付けはされておらず、好みの調味料でサッと簡単おつまみを作りたい時に便利
  • さや取り済みの使い勝手を重視するなら『むき枝豆』(500g・199円)もおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100g当たり159kcal(合計795kcal) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|えだまめ(大豆(遺伝子組換えでない))