コストコの300枚『リッツ』はお買い得なの? コスパを調べてみた

コストコで販売されている『ナビスコ リッツクラッカー 25枚×3パック×4コ』をご存じでしょうか。

もちろんコストコ仕様の大入りパッケージです。枚数にして300枚。あのパーティーでもするの?って感じの量。でも、あればあったでつい食べちゃうんですよねぇ。そんなコストコ版はどれくらいお買い得なんでしょう? コスパを調べてみましたよ!

ナビスコ リッツクラッカー 25枚×3パック×4コ|828円

『ナビスコ リッツクラッカー(RITZ Crackers)』のコストコ版は828円(税込)。4箱ワンセットで、1箱は25枚入りパックの3個入り、合計4箱300枚の徳用パッケージとなっています。カロリーは6枚あたり101kcal(炭水化物 12.9g、食塩相当量 0.3g)。原産国はインドネシア、輸入者はモンデリーズ・ジャパンです。

コストコ版『リッツ』のコスパはどれくらい?

コストコで『リッツ』を購入した場合、どれくらいお買い得なのでしょうか? あくまで一例ですが、コンビニやスーパーなどの販売価格とコスパを比較してみました。

  • コストコで購入 …… 1枚あたり約2.8円
  • 某コンビニで購入 …… 1枚あたり約4.4円
  • 某スーパーで購入 …… 1枚あたり約3.8円

1枚あたりのコスパを比較してみると、コストコは約2.8円で、それ以外でもっとも割安な某スーパーの販売価格(約3.8円)と比べても3割弱(28%)お買い得ですね。

*    *    *

それにしても世間では『リッツ』をどういうペースで消費しているのかわかりませんが、あればあったで食べちゃう系なんですよね。軽やかさサクサク感に風味のよさとほんのり塩気。おやつとして、小腹満たしとして、おつまみ菓子として、けっこう万能選手ですし。あと、300枚もあると、日ごろあまり『リッツ』を食べない人でも、「オン・ザ・リッツ」してみたくなるんじゃないかと……。

商品情報

■品番|586563 ■内容量|25枚 × 3パック × 4箱 ■カロリー|6枚あたり101kcal ■原産国|インドネシア ■輸入者|モンデリーズ・ジャパン ■原材料|小麦粉、植物油脂、砂糖、ぶどう糖果糖液糖、モルトエキス、食塩、膨張剤、レシチン(大豆由来)、酸化防止剤(V.E、V.C)