業務スーパーで選びたい「濃厚チョコスイーツ」おすすめ5選!

業務スーパーの「おすすめチョコスイーツ」を選んでみました。

業スーオリジナル品の中から、個性的でなるべく濃厚なやつらです。もしくは “業スーでいちどは試しておきたいチョコスイーツ” ですかね。お買い物のご参考にどうぞ〜 m(_ _)m

① チョコババロア|297円

1kg|100gあたり166kcal|豊田乳業

業スー名物・牛乳パックスイーツのチョコ番長『チョコババロア』はいわゆる “いちどは試しておきたいやつ” です。1kgのチョコプリンと考えてよいかと思います。プルプルとして、なめらか&ねっとりとした食感、濃厚なミルクココアテイストは誰もが好むところでしょう。電子レンジで溶かし、お好きなカップで冷やし固めるのもアリですよ。

② リッチショコラケーキ|375円

500g|100gあたり274kcal|オースターフーズ

これまた業スー看板スイーツのひとつ。濃厚ねっとり&ほろにがな大人テイストの冷凍ケーキ『リッチショコラ』です。凝縮したようなみっしりさ&ねっとりさがあり、もはや食感がリッチ……というかむしろ重い(笑) 甘さ以上にほろにがさが目立ち、コクのどっしりとした大人っぽい味わいです。少なめにカットして、濃いめのコーヒーと一緒にどうぞ。

③ フォンダンショコラ|321円

180g|1個(90g)あたり346kcal|ベルギー

甘さと濃さという点では、この『フォンダンショコラ』が業スースイーツの中ではトップ級でしょう。レンチンするだけでアツアツのチョコ菓子が出来上がります(加熱しすぎると猛烈に焦げます)。広がるチョコの濃厚な香り、それ以上に特濃なアツアツとろ〜りのチョコソース……甘さが濃ゆい……。しかもチープな激甘ではなく、ちゃんと深みのある甘さ。満たされますねぇ。

④ トリプルチョコレートマフィン|278円

110g|1個(約55g)あたり216kcal|ベルギー

先の「フォンダンショコラ」と比べると “良識的な濃厚さ” といった感じのチョコスイーツです。自然解凍でどうぞ。マフィンというよりは、チョコ蒸しパンぽいんですよね。ムチッとしていて(その食感もまた好印象)。ココア風味生地にゴツッとしたチョコチップをのせ、中にはとろけるミルクチョコ。目立ってチープな味でもなく、卵が多いのか全体的にコクがあるのもポイントです。

⑤ チョコレートトリュフ|267円

200g|1個(100g)あたり244kcal|イタリア

カップ型スイーツ『チョコレートトリュフ』です。ざっくり言えばチョコムースですね〜。チョコクリームはふんわりエアリィでなめらかでして、かなりムース感があるんです。そしてお味は、ビターではありつつ、それを凌駕する圧倒的な甘さ……脳に染みます……。でもそれがいい。風味に変なクセもないし、おいしい食感だし、多くの人が好むタイプでしょう。

商品情報

■チョコババロア 原材料|果糖ぶどう糖液糖、乳製品、植物油脂、ココア粉末、ゼラチン、コーヒーエキス/乳化剤、糊料(増粘多糖類:大豆由来)、香料、カラメル色素 ■リッチショコラケーキ 原材料|乳等を主要原料とする食品、加糖練乳、液全卵(鶏卵)、ココアパウダー、植物油脂、チョコレート、コーンスターチ、小麦粉、砂糖、食塩/安定剤(加工デンプン)、甘味料(ソルビトール)、乳化剤、香料、着色料(カラメル、カロチン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む) ■フォンダンショコラ 原材料|卵、砂糖、チョコレート、バター、植物油脂、小麦粉、牛乳、ココア粉末、香料、乳化剤(原材料の一部に大豆を含む) ■トリプルチョコレートマフィン 原材料|加糖全卵、小麦粉、植物油脂、チョコレートフィリング(チョコレート、ぶどう糖、コンデンススキムミルク、砂糖、食塩)、チョコレートチップ、砂糖、ココアパウダー、ホエイパウダー、食塩/糊料(加工デンプン、アルギン酸Na、セルロース、CMC)、ソルビトール、グリセリン、膨張剤、乳化剤、香料、酸味料、保存料(ソルビン酸K)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む) ■チョコレートトリュフ 原材料|グルコースシロップ、植物油脂、ココア粉末、脱脂粉乳、チョコレート、砂糖、アルコール、ココア加工品(ココア粉末、ぶどう糖、小麦でん粉、砂糖、ココアパウダー)/糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、乳化剤(大豆由来)