業務スーパーで選ぶ「魚介系フライ惣菜」おすすめ4品

業務スーパーのオリジナル商品から「魚介系フライ(揚げ物)惣菜」を選んでみました。

あじフライとかいかフライとか、調理のひと手間はかかるけど、晩酌や食事にあるとうれしいやつ。いずれも過去の実食をもとに、業スーの中でも無難かな〜って商品をピックアップ。お買い物のご参考にどうぞ〜。

① あじフライ|397円

600g・10枚|930kcal|中国

あじフライです。標準よりもちょい小さいサイズ感ですが、ふっくらさを感じる程度には厚みがあり、衣サクサク中しっとり。味付けは最低限の塩振りって感じで、あじの旨味を引き立てるバランスですね。そのまま食べてもいいし、醤油でもソースでもお好みで。食卓におつまみにお弁当にと、無難に使いやすい一品ですよ。

② いかフライ|408円

500g・10枚|750kcal|中国

リング状ではないほうのいかフライです。なかなか強めのサクサク衣に対し、イカは弾力ちょっと弱めのプツッとやわらかな歯ざわり。ロールイカなどの加工品を使っているのか、均一な形状でみっちりと詰まっています。イカらしい風味はちゃんとありまして、この手の割安惣菜としては十分な旨みと言えるでしょう。わりとポン酢あわせもいけます。

③ 子持ちカラフトししゃもフライ(青さのり入り)|429円

500g・約20尾|950kcal|中国

子持ちししゃも、おつまみとしては定番ですが、塩焼きで食べることが多いのでは? というわけで、たまにはフライもどうぞ。衣は軽快なパリサク食感、中はふっくらと詰まった卵のプチプチ食感。子持ちししゃも特有の淡い苦味と、衣に混じった青さがけっこう合うんですよねぇ。ビールがはかどる味と言いますか。宅飲みするときはぜひどうぞ。

④ カニ爪付フライ|599円

10個(350g)

mitok編集部のご近所店舗では近ごろ見かけない商品なのですが、魚介系フライの中では『カニ爪付フライ』が好評だったのでピックアップ。爪から剥けたカニ身の周囲にたら、いとより、えそを合わせた魚介すり身フライです。お子様ランチっぽい見た目ではあるものの、カニの汁気と香りが地味~に効いていて、意外と旨みリッチなんです。ただ、業スー冷食としてはコスパはいまひとつ。予算に余裕があれば、ということで。