業務スーパーの「鍋スープ」あえて選ぶならこの3品

業務スーパーで販売されている「格安鍋つゆ・スープ」でおすすめのものを選んでみました。

業スー鍋つゆにはさまざまな種類がありますが、その中からmitok編集部的におすすめ度が高いものを3品だけピックアップ。今宵はなに鍋にしようかな〜とお悩みの方はご参考にどうぞ。

[01]味噌鍋の素|参考価格 104円

800g(3〜4人前)|100gあたり23kcal|マスゼン

業スーの格安鍋スープシリーズからは『味噌鍋の素』をプッシュ。信州仕込みの味噌を使用したスープで、シリーズ中ではとくに万人受け感の強い一品です。どっしりとした濃厚な旨みに、唐辛子のピリ辛感とさわやかに切れる後味がイイんですよねぇ。

味噌ベースに牛肉だしと豚肉だしを加えた、どっしりとした濃厚な旨味のあとに、さりげなく立つ唐辛子のピリ辛感。味噌自体も甘さを抑えた辛口寄りのテイストで、さらりと切れる後味が好印象です。パンチは弱いけど、まとまりのよい味わい。手堅い出来ですっ。

[02]コムタン鍋の素|参考価格 138円

800g(3〜4人前)|100gあたり26kcal|秦食品

韓国料理コムタンをイメージした鍋つゆです。牛肉や牛もつから出汁を取った白濁スープで、手頃なわりに本格的な濃厚テイスト。この旨味、アリですね〜。

牛骨などからじっくり出汁をとったこってり系。わりとパンチがあるコク深い味わいでいて、まったりやさしくもある風味。韓国料理らしい個性なんですかねぇ。具材に牛肉やモツを入れると、味のバランスを崩さずにさらに濃厚感がアップします。〆(しめ)はご飯でも麺類でもどうぞ。

[03]火鍋の素|参考価格 138円

800g(3〜4人前)|100gあたり100kcal|秦食品

中国の鍋料理「火鍋」をイメージしたカラシビ系鍋つゆです。豆鼓(トウチ)のコクと花椒のシビレ感が効いた、かなり本格的な麻辣系の激辛テイスト。むせるほどの辛さのあとに濃厚な旨み……カラダが温まりますねぇ……。

真っ赤な色合いのスープは見た目通りに相当ハードな辛味の強さ。ただ辛いだけでなく、唐辛子をメインにトウチを加えており、辛味の奥にふくよかな香りが立ちます。花椒、八角、クミン、陳皮、フェンネル、クローブなどスパイスたっぷり。どっしり厚みのある複雑な風味は、他の業スー鍋つゆには無いものですね。

〆(しめ)はご飯が絶対的におすすめ! 旨みとカラシビ感で米がはかどるんです。辛さがOKな面子で鍋をするならゼヒお試しください。