業務スーパーの『たこ唐揚げ』は居酒屋好きにおすすめのプリッと肉厚ピリ辛おつまみ

業務スーパーで販売されている『たこ唐揚げ』をご存じでしょうか。

ぶつ切りにしたたこに衣を付けた魚介唐揚げです。プリッとした肉厚食感とピリ辛な味付けで、ちょっとご褒美感のあるおつまみが欲しいときに重宝する一品。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|たこ唐揚げ|915円

業務スーパーにて915円(税込、税抜848円)で販売中。内容量は500g、カロリーは100gあたり116kcal(炭水化物 15.1g、食塩相当量 1.8g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

以前紹介した際の商品は861円(税込)だったので、54円の値上がり。原材料が微調整され、カロリーは微増(100gあたり114kcalから116kcalに)。コスパ(単価)は100gあたり183円。『紫いか下足唐揚げ』(500g・429円・約86円/100g)などがラインナップされている魚介揚げ物系のなかでは、本品は高めのポジションになります。

調理は170℃の油で、凍ったままの本品を5個あたり約3分揚げるだけ。ひとくちサイズの商品なので、少量の油で揚げ焼きにしても問題ありません。ただし、そこそこの油ハネがあるので調理時には注意が必要です。

衣は加熱時に若干剥がれやすいのがネックですけど、ちゃんと揚がればサクサク軽快な歯ざわり。たこはふっくら肉厚で柔らかな口当たりです。足の部分はコリコリした弾力感が強め。食感の気持ち良さで思わず箸が進みます。

衣に味が付いており、塩こしょうをベースに唐辛子の辛味を軽く効かせたピリ辛テイスト。下味といった程度の濃さですけど、たこの旨みがしっかりしているので、そのままでも十分食べられるおいしさです。

基本的にはおつまみ向き。ご飯おかずにするには若干淡白です。とはいえ味付けが軽いぶん、甘辛だれなどを絡めてアレンジしても違和感がないので、濃い味にして丼飯に活用できたりもします。ちょい高めの価格設定が許せるなら、引き続き悪くない選択肢に入る一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ぶつ切りのたこに衣を付けて唐揚げにした冷凍魚介揚げ物
  • プリッとした柔らかさとコリコリ弾力が両立した優秀な食感
  • ピリ辛な味付けはちょい中途半端ながら、そのまま食べても無難においしい
  • 値上げが痛いけど、アレンジしやすさも加味すれば悪くないおつまみ惣菜

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり116kcal(たんぱく質 11.5g、脂質 1.1g、炭水化物 15.1g、食塩相当量 1.8g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|たこ、衣(小麦でん粉、小麦粉、パン粉、食塩、砂糖、唐辛子粉末、こしょう)/調味料(アミノ酸)、パプリカ色素、(一部に小麦を含む)