アマゾンで「USB充電器」を買うならどれがおすすめ? 40W級モデルをガチ検証してみた

サンワダイレクト 50W 6ポート(Amazon.co.jp限定)

2015101423

仕様

spec_sanwa

基板・制御チップ

ph_sanwa▲左から基板(表)、基板(裏)、制御ICチップ

負荷テスト(1ポート)結果

result_sanwa01▲最大=4.5V降下時

底上げ負荷テスト結果

result_sanwa02▲最大=4.5V降下時

総合評価 ★★★★☆(4点/5点満点)

ポートごとの最大電流は3Aほどあり、2A負荷を5本=10A与えた状態にして、残りのポートで負荷試験を行なっても2.89Aまで供給できた。合計12.89Aになる。

今回は試験装置の都合上実験できなかったが、限界付近の電圧降下にAnkerのグラフのようなダレが無いことから、底上げに使用した5本のダミー抵抗を各ポート保護電流ぎりぎりの値にした状態で負荷テストを実施すれば、もう少し高い値を引き出せるかも知れない。当然、この12.89Aを充電のために長時間使い続けることは実用としてうまくないのだろうが、電源部そのもののポテンシャルは良いものを持っていると判断してよいだろう。

ガワの工作精度は高く、それはフタをあける隙間が見つけられないほどであった。内部基板の工作精度はAnkerと同程度だが、保護回路まわりであろうか、ICを使わない設計になっており、部品点数が多くなってしまっているようだ。 放熱に関してはパルストランス部に薄い放熱板がシリコングリスで付いているほか、厚めのアルミ板が使用されている。

[amazonjs asin=”B00QUSMJ14″ locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】 サンワダイレクト 50W 6ポート USB充電器 急速充電 高出力10A 出力自動判別 ホワイト 【20ヶ月保証】 700-AC011WAZ”]