【激辛麺勢揃い!】ユッケジャン・炸醤麺・勝浦タンタン……冬のあったかコンビニラーメンまとめてみた

混ぜて食べる!炸醤麺(セブン-イレブン) オススメ度:☆☆☆☆★ ボリューム感:☆☆☆☆☆

b01セブン-イレブンのレンジ調理ラーメンからのピックアップは「混ぜて食べる!炸醤麺(ジャージャー麺)」。この11/3に発売されたばかりの新商品です。

b02韓国風の「ユッケジャンラーメン」に続いて登場の「混ぜて食べる!炸醤麺(ジャージャー麺)」は中国風。レンジ調理ラーメンも国際色豊かになってきています。

b03事前には特に作業は不要でパッケージそのままレンジで加熱したのち、透明のフィルムを取り除くのみ。麺と具材をしっかり混ぜ合わせて食べる形になっています。

b04麺はやや太めでもっちりとした弾力のあるストレートな中華麺。スープがなく、カップの中がほとんど麺ということもありボリュームは結構なもので、食べ応えは今回紹介する商品の中では間違いなくナンバーワンです。

スープと具の両方の代わりとなる挽き肉とタケノコ、シイタケの入った肉味噌あんは、甜麺醤に八丁味噌を合わせたコクと深みのある味わいでやや粘り気があり麺とよく絡みます。挽き肉は粒が大きめで肉々しいしっかりとした歯ごたえ。麺の多さだけではなく、肉の噛みごたえや味わいが濃厚なのもボリュームが感じられる一因でしょう。

味噌をベースにした甘辛い肉みそともちもちとした多めの麺が楽しめるのが魅力の「混ぜて食べる!炸醤麺」。しっかり肉を食べたいという人、ボリュームある麺類が食べたいという人には大推薦の重量級メニューです。深みのある味わいの肉味噌あんは、ジャージャー麺が好きという人も満足するであろう本格派。税込498円、エネルギーは701kcalとこちらも重量級です。

<参考リンク>
 混ぜて食べる!炸醤麺(ジャージャー麺) – セブン-イレブン~近くて便利~

勝浦タンタンメン(ファミリーマート) オススメ度:☆☆☆★★ ラー油度:☆☆☆☆☆

c01ファミリーマートのレンジ調理麺の注目株は「勝浦タンタンメン」。こちらも11/3発売の新商品です。

「勝浦タンタンメン」といえば、ご当地グルメ日本一を決める「B-1グランプリ」で今年優勝メニューであり、そこに出展の勝浦タンタンメン船団による監修という本格派です。

c03「勝浦タンタンメン」は、レンジ調理前、調理後ともに特に行う作業はナシ。パッケージそのままレンジ加熱を行い、そのまま食べることができるのも特徴。加熱後に溶けだしたスープと、麺の上に乗った豚肉そぼろや玉ねぎ、ネギといった具材を軽く混ぜてからいただきます。

c04勝浦タンタンメンならではの醤油をベースにラー油の加わった独特のスープをしっかり再現。加熱後にフタを開けるとラー油の香りが濃厚に漂います。

c05麺はやや太めのストレートな中華麺。柔らかめでプツプツと噛み切ることができる食べやすい仕上がりになっています。

スープはビリっとした辛さのある、まさに勝浦タンタンメンという味わい。ラー油の香りだけではなく、辛さの刺激もやはり強めです。単に辛いだけではなく、ベースとなる醤油の味わい、具材の玉ねぎの甘さといった味わいもしっかりとあるのはさすがB-1グランプリ出展の勝浦タンタンメン船団による監修といったところでしょう。独特かつ刺激強めのスープと合わせてツルツルと麺が食べる手が進みます。

辛さで言えば間違いなく今回紹介した中でナンバー1の「勝浦タンタンメン」。B-1グランプリ優勝のご当地メニューをレンジ調理で手軽に楽しんでみたい人はぜひお試しを。もともと勝浦タンタンメンが好きという人、辛いラーメンが好きな人にもオススメ。

<参考リンク>
勝浦タンタンメン|うどん・そば・中華めん|商品情報|FamilyMart

この先もレンジ調理ラーメンには要注目!

注目のレンジ調理ラーメン特集はいかがだったでしょうか。醤油、塩といった定番の味だけではなく、続々と新しい味のラーメンが登場していることはお分かりいただけたんじゃないでしょうか。

今回紹介した中で特にオススメなのは「ユッケジャンラーメン」。韓国風のスープと食べやすい麺、しっかり味付けされた具材はぜひ一度試してみてほしいところです。

コンビニ食の新たな定番になっていくのか? という勢いで各社力を入れつつあるレンジ調理ラーメン。オススメとして選んだ「ユッケジャンラーメン」以外の2つも、麺やスープ、具がしっかりと作られていることは確か。今後はどんなメニューが登場し、どう進化していくのかレンジ調理ラーメンの今後には注目しておく必要がありそうです!

2 / 2ページ