【ガチ検証】車で使う「シガーソケット用USB充電器」のオススメは? アマゾン人気品を性能テストした結果…!

ベストバイは1byoneとAnkerの2製品!

usbc_main1

今回検証したUSBシガーソケットチャージャーは、(おまけ検証の)ダイソー製以外の製品はすべて識別上の要求電流(2.4A)の合計を上回わり充分な電源回路の容量を持っていた(ダイソー製はそもそも1.0Aまでを謳った製品なので問題はないのであしからず)。

エントリー中、充電識別が自動タイプのモデルであれば、どのモデルも甲乙付けがたく、デザインと必要なポート数で選べば問題ないだろう。 そんな中で、あえて選ぶとすれば次の2製品がおすすめ。

オススメ!! 1byone製『超小型36W 7.2A USB 3ポート カーチャージャー』1,369円

usbc_B1

1byone製『超小型36W 7.2A USB 3ポート カーチャージャー』(Amazon価格1,369円)は、負荷テストで前代未聞の14Aオーバーを記録した、過剰なほど大容量の電源が魅力。まぁ、3ポートの取出口大きく、取り付ける車種によっては邪魔になる場合もありそうだが。⇒検証の詳細はこちら

[amazonjs asin=”B012VPJ7CI” locale=”JP” title=”1byone 超小型36W 7.2A USB 3ポート カーチャージャー ブラック”]

オススメ!! Anker製『PowerDrive 2 24W/4.8A 2ポート』1,199円

usbc_C1

もうひとつはAnker製『PowerDrive 2 24W/4.8A 2ポート』(Amazon価格1,199円)。こちらは高分子コンデンサ(OSコン)の使用、自動識別、ポート毎の過電流保護など機能満載。USBの取出し口は2ポートながらコンパクトで収まりがよい。⇒検証の詳細はこちら

[amazonjs asin=”B00VTIF6FG” locale=”JP” title=”Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポートUSBカーチャージャー) iPhone6s /6s Plus /6 /6 Plus /iPad /iPod /Android /Galaxy S6 /S6 Edge他対応【PowerIQ & VoltageBoost搭載】(ブラック) A2310011″]

総評

シガーソケットチャージャーは、以前にも同様の検証をしたのだが、当時のモデルは充電識別の自動切替え機能がなく、Android系かApple系どちらか1つか2ポートでどちらかというパターンのチャージャーがほとんどだった。

最近はモバイルバッテリーでの属性自動切替え機能ICの流用が進み、今回検証したモデルのほとんどが自動切替え機能を実装しており、DC-DCコンバーターの専用ICもモバイルバッテリーでも採用されている高効率タイプへ移行している。

製品によっては導電性高分子コンデンサー(いわゆるOSコン)を搭載しているモデルすらあった。こういったコンデンサーを搭載しているものは出力電圧の波形が整っており、オーディオ再生をしながらの使用でも良い効果が期待できるだろう。