【カルディ】はじめて行ったら買いたい「オリジナルスイーツ」おすすめ3選! レアチーズほか

01

“カルディコーヒーファーム“はキャメル珈琲が全国に展開している、コーヒー豆や輸入食材、飲料などの小売チェーン。しゃれた店構えで、店頭で来店者に向けて試飲用のコーヒーを配っているのを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

取り扱いのあるコーヒー豆の種類が豊富なのはもちろんのこと、店内に所狭しと並べられた輸入食品や飲料、調味料などもかなりの数。さらにオリジナル商品の展開があるのもカルディの特徴です。眺めているだけでも楽しめるほどですが、商品点数が多すぎてどれを選んでよいのか悩んでしまう人もいるかもしれません。

そんなカルディコーヒーファームで扱われているオリジナル商品の中から、おすすめのものをピックアップしてみました。オリジナル商品の種類も多彩ですが、今回は買ってすぐに食べられるスイーツに的を絞って紹介していきます。気になるものや知らなかった商品があったらぜひお試しを!

パンにも塗れる! レアチーズケーキ オススメ度★★★★★

02

カルディオリジナル商品のうち、まず紹介したいのが箱入りで販売されている『レアチーズケーキ』。販売価格は税込みで149円と、コンビニスイーツと変わらない値段で気軽に試すことができます。

03

箱の中身は中には丸いカップに入ったチーズケーキ。100円台の商品ですが、しっかりした紙箱に入っているのはなんとも豪華で高級感アリです。

04

カップから出したチーズケーキはこのような形。もちろん、カップからすくってそのまま食べることもできます。フタを開けるとレアチーズケーキらしい香りが漂います。

05

ニュージーランド産のクリームチーズを使用したレアチーズケーキはスプーンですくうのにも柔らかく、舌触りはなめらかでとろけるような食感です。濃厚なチーズの味わいはかなり贅沢で100数十円の商品とは思えないほど。レモン果汁入りでうっすらと酸味が感じられるのもさわやかで、しつこさを感じることもありません。

06

パッケージに掲載されている写真のように、お好みでジャムなどをトッピングしてレアチーズケーキの味わいに一ひねり加えるのもオススメ。ベストな組み合わせを探しても楽しめそうです。

07

チーズクリームに近い柔らかさがあるので、トーストなどに塗って食べたりといった使い方もできます。そのまま食べるのはもちろん、ちょっとした調味料やチーズ味のクリームのように料理やお菓子作りの素材として活用する方法を考えるのも楽しそうです。

コーヒー豆チョコレート

おすすめ度 ★★★☆☆

08

「コーヒー豆チョコレート」は、その名のとおりコーヒー豆をチョコレートでコーティングした商品。アーモンドの入ったチョコレートやピーナッツの入ったチョコレートなどはコンビニなどにも見かけることができますが、コーヒー豆を使ったものは食べたことがないという人のほうが多いのではないでしょうか。

中にコーヒー豆が入っているのは同じですが、コーティングに使用するチョコレートの違いで、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ストロベリーチョコレートの3種類の味から選べるようになっています。価格はいずれも226円。

15

外側を包むチョコレートの味わいのあとに感じられる、コーヒー豆をガリっとかみしめる触感はかなり独特。アーモンドやピーナッツのようにきれいに割れるのではなく、割れた後に細かく砕けた破片を歯で擦りつぶしていると口に広がるほろ苦さとチョコレートの甘さの組み合わせを楽しめます。

コーヒー豆をそのまま食べた際の風味や触感は他では味わえませんが、それだけに好みは分かれる部分。チョコレート好きなら試してみてほしい一品ではありますが、合わないという人もいるかもしれません。

パンダ杏仁豆腐 おすすめ度:★★★★☆

10

「パンダ杏仁豆腐」はパッケージに描かれたパンダのイラストと、紙パックに入った形で販売されちえるのが特徴のオリジナル商品。デザート部門第1位という人気商品です。大は500mlで税込み440円、小は200mlで税込み194円。

11

紙パックをハサミなどで切り開くと中にぎっしり杏仁豆腐が詰まっていることが分かります。このような形で販売されている杏仁豆腐があるというのは知らなかった人も多いのでは。

13

包丁などで小さくカットして食べるのもよいですが、せっかくの大きな塊の杏仁豆腐なので大きなお皿にあけて好きなだけ食べるというのも推奨したいところ。甘すぎず、しっかりと杏仁粉を使った杏仁豆腐ならではの味わいが楽しめます。

14

冷やすとやや固くなり、常温程度だとかなりトロトロ。ひんやりした舌触りも絶品ですが、常温のとろける触感にもまた別の美味しさがあります。また、電子レンジなどで加熱して溶かし、型に入れて冷やして固めることで好きな形の杏仁豆腐を作ることもできます。

杏仁豆腐を思う存分食べてみたい!と思ったことのある人には「パンダ杏仁豆腐」はかなりオススメ。コンビニなどで販売されている杏仁豆腐やプリンなどは100グラム程度なので、コストパフォーマンスも高く、デザートに量を求める人も満足できるのではないでしょうか。