【電球選び】LED・蛍光灯・白熱電球「40〜100形」どう違う? 並べて明るさ比較&消費電力を測定してみた

明るさ公称値順に並べてみた

照明器具の明るさを示すルーメン(lm)の公称値順に並べると以下のようになります。

  1. LED電球 100形相当 1,520lm
  2. 電球形蛍光灯 100形 1,450lm
  3. レフ形白熱電球 100形 1,200lm
  4. LED電球 60形相当 810lm
  5. 電球形蛍光灯 60形 750lm
  6. レフ形白熱電球 60形 630lm
  7. LED電球 40形相当 485lm
  8. レフ形白熱電球 40形 380lm

この順番に並べてみました。いかがでしょう?

led_100Z

flu_100Z

filam_100Z

led_060Z

flu_060Z

filam_060Z

led_040Z

filam_040Z

LED電球 40形相当は電球形蛍光灯 60形よりも部屋を広く明るく照らしているように見えます。ルーメン(lm)は照明器具自体の明るさを示す値であって、実際に部屋を照らしたときに感じる明るさを示す指標とはまたちょっと異なるのかもしれません(照射面の明るさを表す値としては「ルクス」が用いられます)。

もちろん各電球の形状等によって照らし方は変わるので、あくまで今回ピックアップした製品から見て取れる傾向、ということで参考にしていただければと思います。

エナジードリンクはどれが一番……輝いているのか!!

index_energydrink_l

3 / 3ページ