【インタビュー】世界最強クラス「格ゲー」プロゲーマー・Infiltration 〜 プロ契約の裏側とストV上達法を語る!

プロゲーマーが教える格ゲー上達法

――インフィル選手がどうやってゲームを練習しているのか、知りたいユーザーは多いです。『ストⅤ』初心者に練習方法を伝授するとしたら?

インフィル 『ストⅤ』を基準で話しますね。まず序盤は、ゲームシステムを完璧に熟知するまで、一人でプレイすることをお勧めします。いきなりオンライン対戦はあまりお勧めできません。一人でプレイしながら各キャラクターの技の使いどころを完璧に把握しておきましょう。飛道具を持ってるキャラならそれをどう使うか、通常技はどう使うか……、これはオンラインじゃなく一人でプレイした方が効率よく分析できます。

技の使いどころを把握したなら、次は上手いプレイヤーのリプレイをいっぱい見ましょう。自分たちプロ選手の動きを繰り返し鑑賞して、その動きを盗んでください。これがゲームの実力を上げるのに、かなりいい勉強になります。『ストⅤ』はリプレイ検索機能が素晴らしいので、簡単に強いプレイヤーのリプレイを得ることができます。動画サイトに行く必要すらありません。そうやって上手いプレイヤーのスタイルも手に入れ、それからオンライン対戦に入っても遅くありません。

オンライン対戦で連敗してイライラすることも、必ずあります。でも単にイライラするのではなく、自分の試合のリプレイを見直し、足りない部分をトレーニングモードで集中的に練習しましょう。今回の『ストⅤ』はトレーニングモードがかなり便利で、いろんな条件下で練習できます。

格ゲーユーザーの間では「実戦こそ最高の練習! トレモなんていらない!」という方もいらっしゃいますが、自分は実戦と同じくらいトレーニングモードを使っての真面目な研究こそが実力を育てるのに大事だと思います。

――インフィル選手は一日どれくらい練習しますか?

インフィル 今は発売して間もないので、時間が許す限りプレイしています。最近で一番多くプレイしたのは10時間くらいでしょうか。でもこの10時間は、ずっと対戦ばかりしているわけではありません。普段もそうですが、無計画的に対戦ばかりやるっていうのは少ないです。ある程度対戦したら、対戦を止めてリプレイや他のプレイヤーの動画を見ながら情報を集めたり、新しい材料で自分のスタイルを点検する時間を1~2時間くらい設けます。自分のプレイを細かく見直すのは、実力向上のためにすごく重要です。

――インフィル選手のリプレイ鑑賞法を教えてもらいたいです。

インフィル 自分はプレイを見直す時に「チャンスの時にどういう攻撃をしたのか」、「どういうミスをして攻撃を食らったのか」の2つを集中的に見ます。「ここでこの技を出さなければ負けなかったな」とか、「ここでこのコンボだったらそのままKOできたのに」とか。似たような実力の人が戦うと、紙一重で勝負が分かれることって多いじゃないですか。リプレイ復習はこの紙一重の差を縮めるのに必要です。そうやって自分の短所をちょっとずつケアしていけば、着実にうまくなります。

コリアンスタイルのゲーム実況放送!?

――最近は、ゲーム実況でも話題です。筆者もかなり見ますが……面白すぎです(笑)。放送コンセプトが相当愉快ですが、こういうスタイルになった理由はなんでしょうか。

インフィル 韓国に住んでる方なら慣れているスタイルだと思いますよ(笑)。韓国で有名なストリーミングサイト「ダウムポット」や「アフリカTV」などには、本当に刺激的な方が多いんです。あらゆるパフォーマンス、ネタが飛び交う(笑)。でも海外ではこういう激しい放送スタイルは、あまりないんですよね。特に格ゲーで放送する方っていうのはほとんど物静かです。韓国人の自分から見ると……、あまり面白くないんですよね(笑)。むろん、ゲームを深く知っている人ならそれでも面白いと思います。しかしゲームにあまり詳しくない人は、そうはいきません。もっと簡単じゃないと、見た目から面白くないと。なので自分まで物静かに放送をする必要はないと感じました。韓国人らしく、放送スタイルもコリアンスタイルにしたんです(笑)。その中で自分の率直な姿を見てほしかった。そうと決まったらとりあえず街に出てカツラとサングラスをいくつか購入し……。

――カツラは自腹ですか?(笑)

インフィル 自腹ですよ。思いのほか安かった(笑)。とりあえず一目ですぐ面白いと感じられるキャラを構築することに力を入れました。大会では真面目だけど放送では面白く愉快な人だというイメージを作ることができれば、プロゲーマーを見る視点も変わると思ったんです。結果的にうまく行きましたので、今もこのスタイルを維持しています。たまに「インフィル、なんか変なもの食べたの?」とか言う方もいらっしゃいますが(笑)。

03_02

03_04▲「twitch」のゲーム放送「InfilTVRation」。カツラをかぶったりといろいろ工夫しながら、コリアンスタイルで放送中。

――海外ファンの反応はどうですか?

インフィル 本当に沢山のフィードバックを受けています。アメリカとかでファンと合うと、放送の話をいっぱいしてくれます。放送でやった細かいギャグの話まで聞いてくれたりと。自分の放送をちゃんと見てくれてる感じがしてうれしかったです。Twitterでも多くのメッセージをもらっています。

――放送を始めて、変わったことはありますか?

インフィル 放送を始める前は、「インフィル選手は口数も少なくゲームだけに没頭する典型的なアジア人」というイメージが強かったんです。放送で精一杯バカやってたら、そういう意見はかなり減りました。自分が放送を通じて見せたかった部分でもあります。

次ページ:『ストⅤ』への意欲&これからの計画