【実力比較】大容量モバイルバッテリーのおすすめはコレ! アマゾン売れ筋6製品をガチ検証した

アマゾン売れ筋モバイルバッテリーの検証結果まとめ発表!

放電グラフ(2.5Ω)まとめ

test_mb201605_result03

test_mb201605_result06

放電グラフからは主に電圧の安定性を確認してほしい。上下の振幅は小さいほうがよい。その点、今回新たに検証した『Anker PowerCore 10000』と『Poweradd Pilot 2GS』はともに振幅が大きく、とくに後者は激しい。こうした振幅はノイズとなるため、音楽再生に影響が出る可能性もあるだろう。

電流スコアまとめ(100以上が公称値を満たす)

replace_data

電流スコアは、供給電流の公称値と実測値の乖離を数値化したもの(充電属性の値と実測最大電流値の比率)。両者が一致すればスコアは100となり、下回れば100未満となる。残念ながら今回新たに検証した2モデルは100未満だった。突出して良いのが、前回検証した『cheero Power Plus 3』と『Anker PowerCore+ 13400』。給電性能重視なら、この2モデルは鉄板だろう。

※訂正)電流スコアの計算方法に誤りがあったため、初出時の値を修正しました。

容量スコアまとめ(100に近いほど良い)

test_mb201605_result02

test_mb201605_result05

容量スコアは、バッテリー容量の公称値と実測値の乖離を数値化したもの。両者が一致する場合はスコアは100となるが、DC-DC変換ロスがあるため、それはありえない。どれだけ100に近づけるかがポイントだ。今回新たに検証した『Anker PowerCore 10000』はスコア84で最高タイ。一方で『Poweradd Pilot 2GS』は残念な結果に。やはりモバイルバッテリーは容量が大事。スコア60以下は危険、80以上のモデルは優秀といえる。

 

2016年4月末時点のベストバッテリは……

cheero Power Plus 3 / 13,400mAh / 3,180円

2015072321

Anker PowerCore+ 13400 / 13,400mAh / 3,999円

anker13400_01a

過去に取り上げた 10,000mAh級モバイルバッテリーのデータや、ハンダマスターの独断と偏見によるガワ、基板、工作精度などを総合して、再度ベストバイを選んでみた。

test_mb201605_result04all

  • 電流スコアが100以上のモデル
    cheero Power Plus 3(232) / Anker PowerCore+ 13400(225) / cheero Ingress Power Cube(148)
  • 容量スコアが80以上のモデル
    cheero Ingress Power Cube(84) / cheero Power Plus 3(84)/ Anker PowerCore+ 13400(82)
  • 電流スコアが200以上のモデル
    cheero Power Plus 3(232) / Anker PowerCore+ 13400(225)

最終的に『cheero Power Plus 3』『Anker PowerCore+ 13400』が買って損のないモデルとしておすすめしたい。双方7.4V駆動でパナソニック製セルを搭載した安心モデルだ。主な違いでは、『Anker〜』は自動切替ポートを備えている点が強い。『cheero〜』は本企画ではおなじみの優秀モデルだが、1.0A / 2.4A固定ポートなのはさすがに使い勝手が悪い(ほぼ同じ構成のDANBOARDバージョン最新モデルが自動切替なので次回検証したい)。

重量面では『cheero〜』が50グラムほど軽く、1Ahあたりの価格では『cheero〜』が80円ほど安い。工作精度についてはハンダマスターの見立てでは『cheero〜』のほうがよいと思える。

【ガチ検証】20,000mAhクラスのモバイルバッテリーを買うならどれがいい?(2016年1月版)

2015122568

予算2000円でモバイルバッテリーを買うならどのモデルがおすすめ?【ガチ検証・アマゾン】

mini-2-a2

【ガチ検証】アマゾンの売れ筋「USB急速充電器」は大丈夫か? 40〜50Wモデルの実力を確かめてみた

2015101426

【ガチ検証】アマゾンでiPhone用ライトニングケーブル買うならどれがいい?(2016年2月版)

2016020416

【ガチ検証】スマホ充電用USBケーブルを買うならどれがいい?(2016年2月版)

2016012262