業務スーパー『チューロス』のおすすめ度は? 気になるサイズや食べ方をチェック

ゴールデンウィークの連休はまとめて食材の買い出しに出るにも良い機会。ということでGW期間中のmitokでは、一家の食事を大ボリュームでオトクに支えてくれる業務スーパーで絶対買うべきオススメ食材を編集部とライターの業務スーパーマニアにアンケートを実施。複数回答のあったオススメ食材から全10回をランキング形式でご紹介していきます! 第7弾の今回は第4位『チューロス』です!

業務スーパー|チューロス|104円

おすすめ度 ★★★★☆

遊園地や映画館で見かける甘~い揚げ菓子のチュロス。普段食べないからちょっとしたプレミアム感があるけど、そんなチュロスが業務スーパーでは500g・97円(税抜)という激安価格で置いてるんです! あまりの安さと美味しさで第4位にランクインしました。

  • 遊園地とかで食べるチュロスはU字型で表面は砂糖でコーティングされたものが多いけど、この冷凍チュロスは真っ直ぐで一本ずつがちょいと短く、コーティングもなし。好みの甘味料で味付けできるし、そのままでも優しい甘さで十分美味しい!
  • 油でカリカリに揚がった表面とモチモチした中の生地のコントラストがイイ! なにより揚げたての美味しい揚げ菓子を100円でこれだけたっぷり楽しめるって……フライヤーがあると更に捗りますよ!
  • まとめ買いしてフライヤーで揚げ続けて、延々と食べていたいですね。そんなことしたらデブまっしぐらなので要注意ですが!

IMG_0176

実際にちょっと作ってみます。揚げ方は凍ったまま180℃の油で、3本あたり3~4分が目安のようです。

IMG_0338

冷凍状態ではこんな感じ。遊園地とかのチュロスに比べるとミニサイズですがとにかく大量!

IMG_0345

注意点は、揚げ加減がちょっと難しいこと。パッケージの説明どおり4,5分程度揚げてみると、焦げ目が濃くやや揚げ過ぎな感じに……。ざっと1,2分揚げて、写真ぐらいの軽い焦げ目がついたらすぐ上げていいかもしれません。好みで調整しましょう!

IMG_0355

キッチンペーパーに上げて数分粗熱を取って、出来上がりはこんな感じ。

IMG_0357

まずはそのまま食べてみると、外はカリカリで中はモッチリとした生地。油を吸いすぎず軽快な食感で、控えめな甘さもグッド。オヤツはもちろん朝食に食べてもよさそうなバランスです。

IMG_0368

ソースのオススメは王道に粉糖とチョコシロップ! 塩やチーズソースもバッチリ合いました。味付けを色々試してみる楽しさもありますね!

商品情報

  • 内容量|500g
  • カロリー|100gあたり171kcal(総計855kcal)
  • 保存方法|−10℃以下で保存
  • 製造者|宮城製粉
  • 原材料|小麦粉、砂糖、デキストリン、乳等を主要原料とする食品、ショートニング(大豆を含む)、食塩/甘味料(ソルビトール)、ベーキングパウダー

こちらもオススメ! 『パレットブルトンヌ』4個×2袋入り185円

IMG_0148

輸入菓子も充実した業務スーパーですが、その他のオススメはこの『パレットブルトンヌ』。フランス・ブルターニュ地方の郷土菓子で、薄焼きの「ガレット」のほうは聞き馴染みがあるかも。バターを練り込んだ厚焼きのビスケットで、濃厚かつ上品な甘味と厚焼きのボリューム感がお茶うけにぴったり! 紅茶やコーヒーとあわせて楽しみたい、日本人の口にもバッチリ合うアタリな直輸入菓子の筆頭です!