ファンシーすぎて買えない? 「ダンボーのモバイルバッテリー」を検証したら10000mAhクラス最強だった

検証方法について

検証方法と表の見方についてはこちらを参照。

 

cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version

cheeroD-01

2016060399

内蔵バッテリー

cheeroD-03

基板

cheeroD-04

cheeroD-05

仕様&検証データ

data_score201606-10

放電グラフ

data_score201606-6

負荷テスト結果

data_score201606-4

総評

セル3並列3.7V駆動で、いたって平凡なバッテリー構成。だが、負荷試験における澄んだ出力電圧波形は『cheero』シリーズの電源回路の優れた特徴と言えるだろう。

放電試験中、外側のUSBポートにいきなり2.0Aの負荷を加えると出力電圧がしばらく3.8V付近で推移し、その後5Vに上昇するという現象に見舞われた。再現性があるので試験固体の故障なのかも知れないが、これが仕様なのかは少々気になるところだ。

また、ガチ検証シリーズでは確認していない新しい電源回路が採用されているようだ。microUSBからの充電入力にboost型充電制御IC(MPS MP2635B)が使われており、充電時の電圧が多少変動しても 4.5~6V程度の間であれば自動制御で正常充電ができるようになっている。従来の3.7V(1セル)駆動モバイルバッテリーには見かけなかった回路だ。

ちなみに、7.4V(2セル)駆動のモバイルバッテリーは、boost回路がないとそもそも充電できないので、同様の回路が必ず組み込まれている。

[amazonjs asin=”B016M90DTA” locale=”JP” title=”cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version モバイルバッテリー 国産Panasonic 高品質電池搭載 iPhone 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / 5s / 5c / 5 / iPad / Android / Xperia / Galaxy / 各種スマホ / タブレット / ゲーム機 / Wi-Fiルータ 等 急速充電 対応 超コンパクト ハイパワー出力 3.4A 【AUTO-IC機能搭載】”]

2 / 4ページ