さすが実力のパナ! 「スイッチ付き電源タップ」はどれを買うのが安心か7製品をガチ検証してみた

⑦ オーム電機『節電タップ』HS-T41P84W

tap07-01

tap07-02

内部

tap07-03

tap07-04

検証結果

  • 口数 4
  • プラグ形状 L型固定
  • スイッチ数 4
  • ランプ LED(4)
  • ハンダ付け あり
  • 内部導体 4.0mm×0.6t
  • コード断面積 2.0mm²(目視による)
  • 抵抗値 35.6mΩ(コード長1.0m)
  • ガワの厚さ 2.0mm / ねじれ強度 ○
  • ブレーカー なし
  • サージアブソーバ あり

総合評価 ★★☆☆☆(2.5)

フチの変な場所にスイッチが付いているわりには、ガワのねじれ強度がそこそこある。スイッチがプッシュ式で、誤操作が心配されるが、押下げ力は固めの設定になっていて悪くない感じだ。 ON/OFFインジケーターはLED式で、50Hzのちらつきが顕著で少し目障り。スイッチ内部のコンタクトの板金が0.4mmと薄く多少気になるところ。壁掛け穴の皿状の保護部品は芸が細かい。

[amazonjs asin=”B01A6M8IIW” locale=”JP” title=”4口1m節電タップPUSHランプ”]

<参考リンク>
オーム電機|節電タップ