ローソンに寄る楽しみ増えた! 『でか焼鳥』は満足サイズ&味付けしっかりで晩酌にも食事にもオススメ

01

ローソンでは1/10よりローソン史上最も大きい焼鳥『でか焼鳥』の販売が始まっています。2016年11月より先行発売している中部地区(約1,400店舗)では、24日間で100万本以上を販売する大ヒット商品が満を持しての全国販売。気になる味は? 大きさは?

ローソン『でか焼鳥』127円

おすすめ度 ★★★★★

02

今回発売となった『でか焼鳥』は、ももタレ・ねぎま・かわタレ・もも塩の4種類。価格はすべて同じで各127円(税込)。

でか焼鳥 ももタレ

03

『ももタレ』の熱量は1本あたり133kcal。価格は127円です。

04

以前販売された焼き鳥と比べて縦に伸びた形で鶏肉の部分が15センチほど。居酒屋や焼き鳥屋で出たとしても十分に大きく感じられるサイズで、炭火焼らしい香ばしさと弾がありつつも柔らかいモモ肉の歯ごたえをたっぷり満喫できます。たまり醤油を使用したというタレはとろみの少ないさらっとしたタイプで、甘さ控えめに仕上がっているのも特徴。ローソン公式サイトによるとお酒に合う味付けなのだとか。お酒のツマミに限らず食事の際のおかずに、手軽に食べれらるおやつとしても味、量の面でも満足度の高い焼き鳥で、この値段はおトクです。

でか焼鳥 ねぎま

05

『でか焼鳥 ねぎま』は、熱量109kcal。鶏肉の間にネギが挟まっていることでカロリーは控えめになっています。

06

鶏肉だけではなく、短く切られたネギも同時に楽しめる『ねぎま』。有機肥料を使用したねぎの中から焼きに適したものだけ厳選したというネギはシャキシャキとした食感で柔らかい鶏肉と一緒に食べるのに確かにぴったり。十分な太さがあり、肉に負けない存在感です。タレはやはり甘さは控えめで、鶏肉のもつ甘味をじっくり味わうことができます。ネギも食べ応えがありやはり満足度は高め。シャキっとしたねぎが好きな人、食事の際にカロリーを気にしている人にオススメです。

でか焼鳥 かわタレ

07

『かわタレ』は1本で201kcalと4種類中最も高カロリー。ほかの3種類が100kcal台なのに対し、200kcal台は『かわタレ』だけ。

08

串にたっぷり刺さった胸皮は他の『でか焼鳥』と同様15センチほどと迫力のあるサイズ。ひとつひとつに十分な厚みがあり、プリプリとした弾力ある歯ごたえが特徴です。余分な脂を取り除いても、ボリューム感はかなりのもの。食べ終えると重量級の手ごたえがあります。『かわタレ』も、鶏皮が好きならカロリーは気にせず試してみてほしいオススメの一本。甘さ控えめのさっぱり目のタレで、食べ応えのある鶏皮をたっぷり味わうことができますよ。

でか焼鳥 もも塩

09

『でか焼鳥 もも塩』は、『ももタレ』と同じもも肉を使用。1本あたりの熱量は136kcalと『ももタレ』より若干カロリーが高くなっています。

10

うまみの強い岩塩を使用し、専門店のような振り塩製法で仕上げられた『もも塩』。シンプルな塩味でもも肉の弾力ある歯ごたえと炭火焼きの香ばしさが楽しめます。塩のシンプルな味わいは『ももタレ』とはまた違った美味しさ。よりさっぱりした味わいでもも肉を味わいたいならこちらがオススメ。クセのない味付けは、食べる場面や人を選びません。肉は同じでもタレと塩でかなり印象はっ違うので、両方買って食べ比べてみても楽しいんじゃないでしょうか。

4種類の『でか焼鳥』は、どれもボリューム十分。鶏肉、鶏皮自体の味わいはもとより、味付けもしっかりされていてお酒のツマミはもちろん十分食事の際のおかずになる実力派です。焼き鳥を販売するコンビニも多いですが、中でもサイズ、味ともに注目のオススメ商品です。焼き鳥を販売するコンビニも多いですが、中でもサイズ、味ともに注目のオススメ商品です。そのまま食べるほか、持って帰って串から取り外した『でか焼鳥』をご飯に乗せてお手軽焼き鳥丼を作ったりといった活用方法を考えても楽しめますよ!

<参考リンク>
・でか焼鳥 ももタレ|ローソン
でか焼鳥 ねぎま|ローソン
でか焼鳥 かわタレ|ローソン
でか焼鳥 もも塩|ローソン