ぺんてるのラクガキカフェは第3弾も最高かよ! 本当にどこでも落書きOK&文房具フードがリアルすぎた

2017020323

店内どこでもラクガキOK――あの超人気コンセプトカフェ『GINZA RAKUGAKI Café & Bar』が帰ってきましたよ! ぺんてるが期間限定でオープンしている“ラクガキカフェ”の第3弾がいよいよ本日(2月4日)よりスタート。こんどは研究室みたいな空間が用意されています。

一足お先に体験してきたので、改めてどんなカフェなのかまとめてみました。こんどこそラクガキしに行きましょう!

 

ラクガキカフェって何?

2017020326

ぺんてるが期間限定で東京・銀座にオープンしている『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』(以下、ラクガキカフェ)。店内、至るところに“落書き”ができるカフェ&バーですね。「ラクガキを文化に」をコンセプトとして2014年に第1回を開催したところ、たちまち人気に。このたび第3回カフェが、2017年2月4日(土)から3月31日(金)までの期間限定で開かれることになりました!

2017020318

開催ごとにテーマを設定してきたラクガキカフェ、第3弾は「RAKUGAKI FACTORY(ラクガキ ファクトリー)」がコンセプト。研究室のような空間が用意されているんです!

2017020316

2017020328

店内にはたくさんの筆記用具が用意され、楽しくラクガキできる仕掛けもいっぱい。でも、どこにラクガキできるん? というわけで、遊びに行く前に知っておきたいラクガキカフェの特徴をまとめてみましたよ!

【特徴①】壁にラクガキできる!

2017020306

店内のカベ一面、ラクガキOKです!

2017020307

やべぇ、楽しいぞコレ……。

2017020308

テンション上がるわ! ちなみに白衣の男性はらくがき研究室長の「Dr.CANVAS」さん。その白衣すらラクガキOKとして店内を巡りますよ。

【特徴②】床にもラクガキできる!

2017020303

床にラクガキしてもOKだそう。こんな体験、子どものころ以来か? ココロの赴くままにペンを走らせると……、

2017020304

あ! もっと別のに……。

2017020302

小学生かよ!(無邪気な自分に戻れます)

【特徴③】イスにもラクガキできる!

2017020309

なんとイスにラクガキしてもOKなんだとか!

2017020312

このイス、座りたくない。もちろんテーブルにもラクガキできますぞ!

【特徴④】柱にもラクガキできる!

2017020322

ちょっと風格漂いすぎてるエンタシスみたいな柱……ラクガキOKです!

【特徴⑤】顔にもラクガキできる!(汚れません)

2017020310

顔にラクガキ……といっても直接描くわけではなく、このようにアクリル版にホワイトボードマーカーを描くようになっていて、

2017020311

つまりこういうことですね! 写真を撮ってインスタにでもツイッターにでもアップしてやるのがイマドキですよ!

【特徴⑥】参考書にもラクガキできる!

2017020313

研究室らしく(?)、書棚には参考書がいっぱい並んでいるんですけど、実は白紙。

2017020314

みんなで白紙を埋めていけばいいんです! 実は背表紙にラクガキするのも楽しい。

【特徴⑦】発光するラクガキもできる!

2017020331

店内にはブラックライトが設置されていて、黒地のカベに蛍光ペンで描くと、こんな感じに光るんです!

【特徴⑧】原稿用紙や五線譜もある!

2017020324

ラクガキカフェのカベは無地系だけでなく、よく見ると……原稿用紙タイプと五線譜タイプも! 絵心無くて何を描いていいのかわからない人はこちらで!?

【特徴⑨】絵の具の感触を楽しめる!?

2017020315

絵の具の感触って? 今回のラクガキカフェでは、実に研究室らしい設備としてグローブボックス(ゴム手袋が直結された実験用ボックス)が用意されています。その中には絵の具が。思いっきり絵の具を手で混ぜる感触を楽しんでください!

【特徴⑩】リアル文房具フードも!

2017020319

カフェ&バーですからね、飲食メニューも用意されています。もちろんラクガキバーらしいものばかり。一部をご紹介します。

2017020320

こちらは新メニューの『食べられる消しゴム付き カラフルおつまみセット』(1,500円)。

2017020321

リアルすぎる文房具フード。消しゴムにしか見えないけどクリームチーズ……どうやって作ってんの。

2017020329

『修正液ソーダ』(880円)。トッピングのクッキーはもちろん食べられます。

ラクガキカフェ、存分に楽しむべし!

2017020301

もはや楽しんだモン勝ちの『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』。公式サイトではネット予約ができるほか(予約したほうがいいですよ)、ワークショップの開催情報なども確認できますよ!

GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel

  • 住所 東京都中央区銀座5-6-5 NOCO7F
  • オープン期間 2017年2月4日(土)〜3月31日(金)
  • 休業日 無休
  • 営業時間 カフェタイム12:00〜17:00(16:30L.O.)、バータイム18:00〜23:30(23:00L.O.)
  • 総席数 46席
  • 料金 バータイムのみチャージ料金800円(税別)
  • TEL 03-3573-8015(予約可)
  • WEB 公式サイトはこちら