カルディ『バラ先軟骨のワイン煮込み』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

カルディコーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)のオリジナルレトルト食品『バラ先軟骨のワイン煮込み』が旨い! 小洒落た商品名ですけど、白米にのせてガーーーッと食べちゃうのが吉!

豚のあばらの先にある軟骨部位を赤ワインでトロットロに煮込んだものです。濃厚な甘辛タレなのに俗っぽくない上品な味。それを豪快に食べる。ごはんが進む!!!!

カルディ『バラ先軟骨のワイン煮込み』321円

おすすめ度 ★★★★★

こちらがカルディオリジナル商品『バラ先軟骨のワイン煮込み』。1箱321円(税込)です。バラ先軟骨? あばらの先にある軟骨系部位かな。豚の軟骨って食材として調達することってあまりないかも?

このようなレトルトパウチタイプ。1パックの容量は130g。

原材料は?

製造者はカレールウやレトルカレーの製造などを手がけるキャニオンスパイス。使用している原材料は次のとおり。豚は国産だそうです。

【原材料名】豚軟骨、赤ワイン、醤油、本みりん、砂糖、でん粉、コチジャン、魚介エキス、おろしにんにく/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・豚肉・大豆・さばを含む)

調理方法は?

湯煎なら熱湯でパウチのまま約5分間加熱。電子レンジなら中身を容器に移してラップし、約2分間(500W)あたためればOKです。

トロットロになりすぎた豚軟骨……旨い、旨すぎる!

こちらが湯煎したバラ先軟骨。豚のあばら骨の先に付いている、脂身もそこそこな軟骨部位だそう。これが赤ワインベースの甘辛ソースでトロッッッッッットロに煮込まれているんです! カルディ仕上げのせいでけっこうな上品感がありますが、どっかの町食堂で「バラ先軟骨の煮込み定食」とかで出ていたら絶対に人気メニューになる美味しさ。

もうそのまま白米にのせてみましたよ。コクのある濃厚な甘辛タレで煮込まれたバラ先軟骨はとてもやわらかく、味が染み込んでいてめっちゃ旨い!

一見すると味わいは焼肉のタレっぽく感じるかもしれませんが、赤ワインが効いていて、クセになる濃厚さだけど安っぽい味付けとは違うんです。それでもしつこく感じるようであれば、パッケージ写真にもあるように、白髪葱などを添えてもいいっすね。

タレをたっぷり絡めたごはんもまた……何杯で食べられますわ〜 (*´﹃`*)

おすすめレシピとしては、沖縄のソーキそば風にトッピングしてもいいそう。油そばっぽいのと混ぜるのもおいしそうですかね〜。とりあえず最初はごはんにのせてガっといっちゃってください!

カロリーは?

カロリーは1食130gあたり199kcalです。

ちなみに現在店頭では新作『バラ先軟骨のチーズカレー』も一緒に売られてますよ〜。