朝食の満足おかずに! 土井善晴さん流たまご焼きはシンプルで美味しかった

テレビの料理番組でおなじみの料理研究家・土井善晴さんのレシピには、簡単シンプル調理なのに美味しい一品がイロイロ。最近のものだと、1月5日放送のNHK「きょうの料理」で紹介されていた「切り干し大根の卵焼き」がオススメです。

なかでもお手軽で一人暮らしの人でも毎日の料理に組み込みやすいのでぜひどうぞ!

切り干し大根の卵焼き 調理時間約10分

用意するもの(2人前)

  • 切り干し大根 20g
  • 卵 3個
  • 醤油 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1/3
  • サラダ油 大さじ2

切り干しを切って炒めて卵と一緒に焼くだけ!

まずは切り干し大根20gを水洗いしてから、2分ほど水に浸けて戻します。さっと絞ったら1cm間隔程度で、ざっくりと細かくカットしましょう。

続いてボウルに卵3個を割り入れて、醤油大さじ1/2と塩小さじ1/3を加えてよく溶きます。

あとはフライパンにサラダ油大さじ2ほどを敷いて、切り干し大根を中火で軽く炒めまして……

そこに溶いた卵を投入。しばらく加熱して、ざっと固まって焼き目がついたようでしたらひっくり返します。

仕上げに裏面も焼き上げたら、さくっと完成です!

超シンプルなのに旨味しっかりな満腹オカズ!

わりと定番のレシピで、加えて味付けも超シンプル。ですが切り干し大根の旨味が卵焼きにしっかり染みて、優しいながらも旨味バッチリな味わいに仕上がるんです!

切り干しのシャキシャキした歯ごたえと卵のふっくら感が絶妙にマッチ。コレだけでボリューム感も結構アップしてます。控えめな味付けながらご飯のオカズになるのはもちろん、そのまま朝食にしてもイイ感じ!

味・量ともに、普通に作る卵焼きよりも一段上の満足感。切り干しが余っていたり、卵焼きの味付けに迷ったら、簡単なのでぜひお試しを!