マクドナルドがロコモコをバーガーにしたうえにカレーも追加してきた

マクドナルドでは7/11より、夏季限定メニューとして“ロコモコ”をモチーフにしたハンバーガーを販売中。ロコモコとはハワイ料理のひとつで、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、肉汁を元にしたグレービーソースが使用されるのが特徴です。そんなロコモコを再現したメニューのひとつにはカレーの要素も加わった『夏カレーロコモコ』もアリ。

ロコモコがハンバーガーでどう再現されるのか、またカレー味をプラスするとどうなるのか……。

マクドナルド『夏カレーロコモコ』420円

おすすめ度 ★★★★☆

『夏カレーロコモコ』は単品だと420円。Mサイズのポテト、ドリンクとのセットで720円です。専用の包み紙には商品名のほか「ハワイ州観光局公認」といった文字も入っています。

横から見ると写真のようにしっかり厚みがあり、ごろっとした形で手にとるとずっしりとした重みがあります。

包み紙を開けると姿をあらわあす『夏カレーロコモコ』はこんな感じ。バンズ、目玉焼き、肉厚ビーフ、レタスとどの層もしっかりした厚みがあります。

表面の粉チーズがこんがり焦げたバンズは、他のメニューでは使われない「粉チーズバンズ」使用。

その下の目玉焼きの上に「肉汁(グレービー)ソース」が入っています。野菜をベースにビーフの肉汁が加わったソースは甘めの味付け。

目玉焼きの下には、メインとなる肉厚ビーフ。

ハンバーグの下に敷かれたレタスを除けてみると、一番下にカレーソースがあることが分かります。カレーソースは、赤ワインのコクに、ソテーしたオニオンの甘味や18種類のスパイスを使用。カレーらしいスパイシーさはありますが、辛さはありません。

香ばしい粉チーズバンズに、ぷるんとした目玉焼き、肉厚ビーフ、シャキッとした細切りレタスの組み合わせはなかなかの食べ応え。甘めの肉汁ソース、カレーソースはどちらも食欲をそそる味わいで、ボリューム感ある具材にハマります。カレーらしいスパイシーさはほどよい刺激で夏っぽい雰囲気もアリ。セットで注文したポテトにカレーソースをつけたりしても楽しむことができます。夏っぽく、ボリュームのあるハンバーガーを食べたいならマクドナルドの『夏カレーロコモコ』を試してみてはいかがでしょう!

<参考リンク>
ロコモコ | キャンペーン | McDonald’s マクドナルド