ミニストップご乱心? モンスタースイーツ『バケツプリン』が爆誕していた

近頃のコンビニスイーツで気になるのが、ミニストップの動向。オリジナルスイーツブランド「ミニストップカフェ」では『無限プリン』といったヒット商品も出ています。果たして、次に来るのは……? と思ってチェックしてみたら、とんでもない新商品が登場していました。

その名は『バケツプリン』。459gの超重量級で、カロリーは606kcal。お値段も破格の429円! その存在自体がアリなのか!? 早速レビューしてみました。

ミニストップ|バケツプリン|429円

おすすめ度 ★★★☆☆

こちらがミニストップの新作スイーツ『バケツプリン』です。お値段は1個429円(税込)。

あまりにも衝撃的なサイズだったので、重量を測ってみたところ、459gでした! 大きめのプリンといえば、たとえば森永乳業の『たっぷりプリン』がありますが、あちらは200g。その2.3倍の分量です。

原材料はこんな感じ。牛乳、鶏卵のほかに、ゼラチンなどが使われています。製造者は、『無限プリン』なども作っているドンレミー。また、栄養成分を見ると「エネルギー606kcal」との記載が。炭水化物は76.1gです。

これだけの量となると、ひとりで食べきるのではなく、家族などでシェアするのがよいでしょう。ならば、お皿にあけたほうが、分けるのも容易。ということで、お皿を用意して……

どん! と出してみたところ、なんとカラメルが器に残ってしまいました。どうやら、カラメル部分は液体ではなく、ゼリー状になっているようです。

そこで、カラメルを適度に崩し、ジュレのようにプリンの上にのせることに。これはこれであり……かも?

さて、お味のほうですが、いわゆるメーカー製プリンという印象で、濃厚な鶏卵の香りとか、ザラッとした舌触りといった“自家製感”はありません。とはいえ、意外と甘さは控えめで、カラメルジュレと一緒に食べると、かすかな苦味がなかなかナイスです。スプーンですくうと非常にプルプルしていますが、口溶けは非常になめらか。

というわけで、この『バケツプリン』、けっこう食べやすい仕上がりでした! ひとりで食べるには量が多すぎて厳しいですが、何人かでつつくなら、この存在にツッコミを入れつつ、ワイワイ楽しめますよ!