業務スーパー『合鴨ロース』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

業務スーパーの冷凍お肉って、いくら安くてオトクと言っても500gや1kg級の商品が多くて、一人暮らしじゃ使い切るのに苦労することも多いですよね。とりあえずはそこそこのサイズの商品から試してみたいという方、190g入りと使いやすい『合鴨ロース』はいかがでしょう。

鴨肉としてはお安い部類で、お味のほうもバッチリのオススメ品です!

業務スーパー|合鴨ロース|253円

おすすめ度 ★★★★☆

業務スーパーの冷凍肉コーナーで発見。価格は税込253円となります。原産国は中国で、輸入者は業務スーパーを運営する神戸物産。調味液につけてローストした合鴨肉の冷凍品となっておりまして、解凍方法は自然解凍か流水に当てるのが無難でしょうか。試したところ、軽くレンチンしても問題はなさそうでした。ゴツッとした感じですが、基本的にはこのまま半解凍状態にして、薄くスライスするだけでお料理やおつまみに即使えちゃうので、使い勝手は悪くないかと!

オードブルにも、かもそばにもオススメ!

とりあえずスライスするとこんな感じ。いざお味見してみますと……結構強めに味付けがされていて、そのままおつまみに使えそう! オードブルの一品もバッチリ張れますし、細かくカットしてサラダに合わせても良さそうです。

トロリとした白身はそれほど厚すぎず、赤身はもっちり柔らかな食感。鴨肉ならではの不飽和脂肪酸の割合が高いクドすぎない油分が乗って、鴨自体の控えめな旨味の中には燻製の香りがガッツリと……予想以上に濃厚じゃないですか!

鴨南蛮なんかにしても、つゆに鴨の脂の旨味がバッチリと染みてくれます。今回はありあわせの材料で、鴨汁をつけ汁にしてそうめんをいただいてみました。旨味が染みたアツアツの鴨汁も、そうめんで食べると夏にピッタリの美味しさですね!

業務スーパーの他の冷凍肉に比べても、使い切りやすく食べやすく、お洒落系レシピにもアレンジがしやすい気の利いた一品かと。冷凍庫に常備もしやすいサイズなので、鴨料理が好きな方はぜひどうぞ!

商品情報

■内容量|190g ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■保存方法|−18℃以下で保存 ■原材料|合鴨肉、食塩、こしょう、ポリリン酸Na、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。