MENU

業務スーパー『牛やわらか焼肉』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

業務スーパーで販売されている『牛やわらか焼肉』をご存じでしょうか。

アタリ・ハズレの多い業スー安価肉の中では比較的無難なほうですね。おすすめ!と言えるほどのおいしさでもなんでもないのですが、タレで味付けする焼肉丼などのガッツリ飯を作るには、それなりにベースになれる一品。味付け次第の食材、どう扱います!?

目次

業務スーパー|牛やわらか焼肉|579円

業務スーパーの冷凍コーナーで販売中です。価格は税込579円で、内容量は500g。100g当たり115.8円の計算ですね。業スー肉類の中で比べるとイマイチですが、まあまあのコスパ感ではないかと。製造者はミート丸真あさぎり工場。同じく業スーで売られている冷凍肉『牛やわらかサイコロステーキ』と同じ製造者ですね。価格帯も近いし、成型肉である点も共通です。

平べったい四角形にざっくり成形されたオーストラリア産牛肉が、二十数枚ほど入っております。調理方法は冷凍状態のままフライパンに敷いて、しっかり火を通すだけでOKです。

調理の注意点は?

焼いているうちにジュワジュワと脂が染み出すので、油は別途用意しなくても大丈夫。牛脂多めに結着されているのでしょう。8枚焼いたら肉が浸かるほど油が吹き出し、揚げているようなビジュアルに……残った油は切ったほうが良いですね。強めに火を通したからでしょうか、一方でお肉の臭みは特に気になりませんでした。

オイリーだけど歯ごたえ十分で丼メシ用にアリ!

普通の冷蔵肉に比べるとどうしても柔らかすぎて、物足りなさが残りやすい成型肉ですが、本商品は比較的しっかりめに弾力を感じます。脂身が表面に浮くほど混じり、たまに硬い歯ごたえが引っかかるのは気になりますが……。同じく成形冷凍肉の『牛やわらかサイコロステーキ』などに比べると十分に食べ応えがあり、オカズのメインもそれなりに張れるのではないかと!

最低限の下味は付いていますが、白米をガツガツ食べるならタレを用意したいかも。今回は醤油大さじ3をベースに酒・みりん・砂糖を各大さじ1、おろしにんにく・コチュジャン・白ごまを少々加えた自作タレを絡めたところ、ばっちりの美味しさに仕上がりました!

衣をまぶしてひと口牛カツにするのもアリかな。ふつうの薄切り牛肉として色々なレシピに活用できますし、一度試してみても良い商品かと思います!

商品の評価と詳細情報

牛やわらか焼肉
総合評価
( 3 )
内容量500g
カロリー
製造者ミート丸真あさぎり工場
販売者神戸物産
保存方法−18℃以下で保存
原材料牛肉(オーストラリア産)、麦芽糖、でん粉、食塩、粉末卵白、スパイス調味料(食塩、胡椒、ガーリック粉末、醤油、パプリカ、レッドベルペッパー、唐辛子、オニオン粉末)、植物油脂、トレハロース、焼成カルシウム、酸味料、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦、卵、大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次