ローソンのフローズンラテ、完成度高すぎ! 宇治抹茶・キャラメルコーヒー未体験はもったいない

ローソンの春夏向けひんやりドリンク、フローズンラテが今年も発売! 今年は「マチカフェフローズン」とのシリーズ名で、4月から販売が始まっております。『キャラメルコーヒー』と『宇治抹茶』を試してみたところ……かなり完成度高い! ので、本格的に暑くなってきたところですし、あらためてご紹介します!

 

ローソン『マチカフェフローズン キャラメルコーヒー』295円

おすすめ度 ★★★★☆

まずは王道フレーバーのキャラメルコーヒー。ブラジル産アラビカ種のコーヒー豆を使用したフローズンに、北海道産生クリーム使用のアイスをトッピングした一品です。レンジで温めて氷を溶かしていただくタイプですね。

レンジアップ時間は500Wで1分30秒程度。飲みごろになったフローズンはシャクシャク氷とコーヒーの苦味が爽やかで、そこにキャラメルシロップのコクをプラス。メープルもほのかに香りを足して、さっぱり濃厚な上品キャラメルラテに仕上がっております!

トッピングのアイスは生クリーム強めでもふっと重めの口当たり。溶けにくいのでクリームの口当たりを存分に楽しめて、キャラメルシロップもリッチなほろ苦さ! 内容量297gの大ボリュームで、一杯飲むと結構な満腹感アリ。この美味しさとボリュームなら税込295円も安いぐらいの満足度かと思います!

ローソン『マチカフェフローズン 宇治抹茶』295円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらも王道の抹茶味。練乳ベースのみぞれに辻利一本店の宇治抹茶2種を使用し、同じく宇治抹茶使用のアイスに黒蜜ソースをトッピングした一杯です。これが結構評判の美味しさのようで……確かに一口啜っただけで明らかにレベルの高い味わい!

練乳のおかげでミルキィなコクがかなり深く、そこに抹茶の香りがガツンと加わり、しみじみするほど優しくかつ濃厚な和風テイストにまとまっております。やはりアイスはクリーム強めで溶けにくく、フローズンのほうがヒンヤリしているので、冷えた舌にむしろ温かくふんわりと乗っかるのが新鮮です。

ミルクとバニラ感が強い、まったりとして芯が太めの甘味は若干重さも感じるのですが、本格的なお抹茶のほのかな苦味で味わいが締まっていて、305gの大ボリュームもさらりと完食できる良バランス。黒蜜ソースもいい仕事してるし、これは確実に試すべきかと!

カロリーは?

ちなみに熱量は『キャラメルコーヒー』が251kcal、『宇治抹茶』が294kcalとなっております。アイスが大きく、フローズンもかなり多めな一杯でして、涼を取るついでに小腹も満ちるのが地味に嬉しいシリーズですね。