やっぱりチョコミントはアイスが一番? ローソン版はお手本みたいなクオリティ

ローソンのアイスコーナーで販売されている『ウチカフェ アイスバー チョコミント』をご存知でしょうか。

最近、大流行しているチョコミントスイーツ。コンビニ各社から多種多様な組み合わせが登場していますが、本品は堂々たる原点回帰。口溶けのよいチョコのコクと、ミントのさわやかさが上品にまとまっており、チョコミント味のお手本と言えるクオリティになっています。「チョコミントといえばやっぱりアイスだよな!」という人には特にオススメですよ!

 

ローソン|ウチカフェ アイスバー チョコミント|185円

おすすめ度 ★★★★☆

こちらがローソンで販売されている『ウチカフェ アイスバー チョコミント』。お値段は185円(税込)です。アメリカ産の初摘みミントにフランス産チョコレートを使用と、素材の厳選ぶりがハンパない本品。パッケージには「この出会い、クセになる」とまで書かれており、期待を高めてきます。

構造自体は王道そのもの。チョココーティングの内側は、チョコチップが散りばめられたミントアイス。しかし、それぞれのクオリティが実に高い! チョココーティングはパリパリとした食感ですが、口の中に入ると速やかに溶けていき、カカオの風味が広がります。そのうまみに、唾液の分泌がとめどなく促進される……! アイス部分は上品なさわやかさで、わざとらしさのないミント味。その分、ちょっと控えめに感じるかもしれませんが、雑味のない繊細な香りをぜひ楽しんでいただきたい! 最近はチョコミントスイーツがどんどん増えていますが、その出来はまちまちだったりします。そんななかで、「これがチョコミントのおいしさか!」と再発見できる、お手本クオリティの一品。これは「クセになる」というよりも「たびたび帰ってきたい場所」という感じですね~!

改めて特徴をまとめると以下の通り↓。

  • チョココーティングはパリッとした食感が楽しい。口の中の温度でなめらかに溶けていき、カカオのコクと香りが広がる
  • ミントアイスは味としての自己主張は強くないが、雑味のない上品な香りが心地よい
  • わざとらしさがなく、後味がスーッとして実にさわやか
  • 全体的に甘さは控えめ。素材の繊細な味を楽しむ大人向けのアイススイーツ

商品情報

  • 種類別|アイスミルク
  • 内容量|70ml
  • カロリー|213kcal(炭水化物21.8g)
  • 販売者|ロッテ
  • 製造所|富士食品工業